タグ:生活情報 ( 9 ) タグの人気記事

24時間フレッシュなお花が買える場所

c0114387_648468.jpg
ブエノスアイレスの街中には、あちこちに花屋のスタンドがあります。でも、通りすがりに見つけた花屋で買ったきれいなお花が、3日もしないうちに枯れてしまうこともしばしば。市内の一番大きな花の卸売り市場(Olavarria 2400)に行けば新鮮なお花が卸値で買えますが、花屋さんもそこで仕入れをするので、自分の欲しい花を好きなだけ手に入れるには朝6時か7時ごろに行かなければなりません。
c0114387_652755.jpgそこで時間に制約されず、いつでもフレッシュなお花が買えるところがないものかしらと探してみたら、ありました。Sarmiento通りとAcuña de Figueroa通りが交差する辺りです。なんとこの一帯にある花屋は24時間営業。しかも毎朝、前述の花市場から直接仕入れて来るので新鮮だし、お値段もうちの近所のスタンドより断然安い。c0114387_6592571.jpgお店そのものは小さいため、ほとんどの花は歩道にずらりと並べられていて圧巻の光景です。私のお目当てはなんといってもバラ。期待通り、花の部分がきゅっと締まった美しいバラがたくさんありました。色も様々で、ターコイズブルーに染められたものも!迷った挙句、クラシックな白と、クリームベースで花びらの先だけがピンクのものを25本ずつ買ってきました。c0114387_775520.jpg新鮮なお花が入荷するのは毎日お昼過ぎ。これから夏にかけて、ブエノスアイレスの花屋にたくさん並んで甘い香りを漂わせるjazmin(ハスミン=くちなしの花)も、次はここで買おうと思います。

24時間営業の花屋さん
Sarmiento通り4000番台(アルマグロ地区)

追記:上記のポイントからSarmiento通り沿いに4500番台くらいまで同じような花屋が点在しているので、花の種類やお値段を求めていくつかまわってみることをオススメします。
[PR]
by precious31 | 2010-10-25 06:48 | ショップ

ドゥルセ・デ・レチェのチーズケーキ

c0114387_1219322.jpg昨年末、ひとつ大きなお仕事をいただいて、今年に入ってから今までずっとそちらに従事しておりました。そして今、少し一段落ついたので、甘いものが好きな夫のために、なんとほぼ2ヶ月ぶりにデザートを作ることにしました。
さて何を作ろうかしら・・・と、スーパーマーケットでいろいろ見ていたら、こんなに可愛らしいラベルのクリームチーズを発見!今回はこれを使ってドゥルセ・デ・レチェのチーズケーキを作ってみましょう。

c0114387_12311212.jpg
[材料]
☆20cmX20cmのスクエア型用
ビスケット 150g
溶かしバター 50g
クリームチーズ 400g
ドゥルセ・デ・レチェ 250g
卵 2個
c0114387_12373171.jpg
[作り方]
①ビスケットをフードプロセッサーで細かく砕く(ここではチョコビスケット「Chocolina」を使用)
②溶かしバターを①に加えてよく混ぜ、型にベースとして敷き詰める
③ボウルにクリームチーズ、ドゥルセ・デ・レチェ、卵を入れ、よく混ぜる
c0114387_1239613.jpg
④混ぜ合わせた③を型に流し入れる
⑤180度のオーヴンで湯せんにして40~45分間焼いて、できあがり!

私は愛用のスタンドミキサーでマッシュポテトからパンの生地まで何でも混ぜてしまうので、ここでも使っていますが、クリームチーズとドゥルセ・デ・レチェを混ぜるのはハンドミキサーで十分です。この分量ですと厚さ2cmくらいのケーキになりますが、型を小さめにして高さを出してもいいでしょう。
あと、ケーキを切るときは、落ち着いてゆっくりと。夫のように早く食べたくて慌てると、上の画像のように端っこがボサつきますのでご注意を!

★ずっと更新を怠っている「番外編ハワイ」、始めたからにはきちんと終わらせます・・・!興味がおありの方はぜひお立ち寄りくださいませ♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2010-03-02 12:51 | レシピ

花いっぱいの「母の日」

c0114387_2394697.jpgアルゼンチンでは昨日、10月18日(日)が「Dia de la Madre」(ディア・デ・ラ・マドレ=母の日)でした。国によって、「母の日」の日付は様々ですが、大半の国が5月にお祝いする中で、なぜアルゼンチンだけが10月の第3日曜なのか、今まで不思議に思っていました。
私の母は日本、主人の母はウルグアイにいます。毎年「よその国では母の日は5月!」と心しておかないと、アルゼンチン国内では何も言わないので忘れてしまいがち。実際、今年は私も主人もうっかりしていて、気がついたら母の日はとっくに過ぎてしまっていました。
c0114387_2295918.jpg
そこで、今年の「母の日」に際し、どうしてアルゼンチンでは10月に決まっているのかを調べてみたのですが、残念ながらどうやら公式な理由はないようです。でも、先日「春の日」を祝うアフタヌーン・ティーについて書いていたこともあって、もしかしたら、こちらでは今が春だからかしら、と思ったり。
そういえば、毎年9月下旬から10月中旬までは、ブエノスアイレス郊外のエスコバール市にて「花祭り」が開催されます。それに今から11月中ごろまでは、街中の木々にも花が咲き乱れる季節。
10月になっている理由をどうしても知りたいと思っていましたが、花いっぱいのこの時期に「母の日」をお祝いするのは素敵なこと。それで十分ではありませんか。娘たちからバラの花(画像)をプレゼントしてもらい、そんなことを思った一日でした。

★完結間近と言いながらなかなか完結できていない「番外編ハワイ」ですが、興味がおありの方はぜひお立ち寄りくださいませ♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-10-20 03:31 | 生活情報

本場フランスのパン職人さんによるブランジェリー [L’épi Boulangerie]

学生の頃、新宿の四谷三丁目にあった外国人向けスーパー内のパン屋でアルバイトをしていた私。当時の日本では珍しく、ヨーロッパの人たちが好む本格的なバゲットやパンドカンパーニュを扱っていたパン屋だったので、都内のかなり遠いところからわざわざパンを買いに来るフランス人のお客様もいました。私はこのパン屋のおかげでパン・オ・ショコラが大好きになり、以来、ブエノスアイレスでも「本当のパン・オ・ショコラ」が気軽に買えるところを探すのが日課(?)となっていました。
c0114387_8214231.jpg
そして、ついに見つけたのがここ、「L’épi Boulangerie」(レピ・ブランジェリー)です。
c0114387_824882.jpg
フランス人のパン職人ブルーノ・ギヨーとオリビエ・アノークの二人が2007年にオープンしたパン屋で、1911年に製造されたという古くて大きな釜戸で焼かれるパンが売り物。
c0114387_8305444.jpg
パン・オ・ショコラの他に、クロワッサン、ブリオッシュ、もちろんバゲットやパンドカンパーニュも本場フランスと変わらない製法で作られているので、素朴でとっても美味しい。「medialuna」(メディアルーナ)と呼ばれる甘ったる~いアルゼンチンのクロワッサンがどうも苦手・・・という方も、ここのクロワッサンならご満足いただけるはず。
c0114387_8343078.jpgところで、ブルーノとオリビエの作るパンにはイースト菌が一切入っていません。代わりに天然酵母を使っているので、パンが日持ちするのだそうです。天然酵母を使ったパンというと、酸味が強いのかと思っていましたが、案外そうでもないのですね。
冒頭で紹介したフランス人のように、このパン屋にも、遠方からわざわざバゲットを買いに来るお客様がいるそうです。うちからも徒歩圏内にはないのですが、パン・オ・ショコラとブリオッシュのために、1週間に1度は通ってます!
c0114387_8441677.jpg

L’épi Boulangerie
Roseti 1769 (Tronador通りとPlaza通りの間)
Tel. 4552 6402
公式サイトはこちら

c0114387_541972.jpg追記:オリビエとブルーノは料理専門TV「el gourmet」のパーソナリティでもあります。2009年9月現在、二人が母国フランスを訪ねて、各地の美味しいチーズを食べ歩く番組「Francia y sus quesos」が放映中です。
(Photo via elgourmet.com)





「番外編ハワイ」も随時更新中です。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-09-16 08:51 | ベーカリー

ドゥルセ・デ・レチェとホワイトチョコレートの甘い関係 [Exquisita sabor Dulce de Leche]

c0114387_9123722.jpg先日ブラウニーミックスについて書きましたが、今回は「ドゥルセ・デ・レチェ」フレーバーのスポンジケーキミックスをご紹介します。私は特にドゥルセ・デ・レチェが大好物というわけではないので、実はこの商品も最近まで使ったことはなかったのですが、ある日、チョコレートフレーバーを買おうとしたら品切れ。そこでこれを代用として買ってみて、
c0114387_925214.jpg試しにカップケーキにしてみたところなかなか美味しかったので、以来、ブラウニーミックスと共に常備しています。ドゥルセ・デ・レチェらしい、キャラメルの甘い香りがなんとも言えません。フロスティングは何がいいかしらと考えて、今年の1月に訪れたパタゴニアの牧場でいただいたドゥルセ・デ・レチェとホワイトチョコレートのアイスクリームのことを思い出し、ホワイトチョコクリームをのせてみました。
ドゥルセ・デ・レチェとホワイトチョコって、本当に良く合っていると思います。ケーキミックスを使ってクッキーを作ることもできるので、今度はホワイトチョコチップ入りのドゥルセ・デ・レチェクッキーに挑戦してみることにします!

Exquisita sabor Dulce de Leche
★スーパーやグローサリーにてお買い求めになれます。

★しばらくお休みしていた「番外編ハワイ」も、ようやく更新しました。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-09-09 09:40 | 生活情報

手軽で美味しいブラウニーミックス [Exquisita BROWNIES]

c0114387_5321020.jpg先日のハワイ旅行中、Williams Sonomaにてブラウニー用のパンを2種購入しました。ひとつは板チョコレート型、もうひとつはOleoみたいなチョコクッキー型です。c0114387_5334754.jpgブラウニーって、シンプルにカットされているだけで良いものなんですが、娘たちも、その友達たちも大好きなお菓子なので、たまには形を変えて作りたいと思っていました。両方ともスイスで開発された特殊加工金属「Goldtouch」で作られていて、熱が均等に行き渡り、生地がくっつかないという優れもの。早速これらを使ってブラウニーを作ろう!と思ったついでに、前々から気になっていた市販のブラウニーミックスを試してみることにしました。
c0114387_5464822.jpg市販のミックスを利用するのはスポンジケーキだけにしようと心がけていた私でしたが、忙しい中、手軽に作れるに越したことはないと開き直り、「Exquisita」(エスキシータ)というブランドから出ているブラウニーミックスを使うことに。卵2つ、バター65~70グラムを混ぜ入れて焼くだけという、手間要らずでとっても簡単なものです。お味の方もなかなか良くて、外はさっくり、中はチュウイーな食感もばっちり。もしかしたら、自分で作るブラウニーより好きかも!市販のミックスだからといって、侮ってはいけないことがよ~くわかりました。

Exquisita Brownies
★スーパーやグローサリーにてお買い求めになれます。

★好評(?)「番外編ハワイ」も随時更新中です。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by Precious31 | 2009-08-18 06:06 | 生活情報

いい香りのジェルでウィルス予防 [VZ Bath & Body]

c0114387_1217121.jpg今、アルゼンチンで最も売れているものといえば、アルコールジェルでしょう。新型インフルエンザの感染を防ぐために大切な手洗い。ジェル状になった速乾性のアルコール剤を使えば、どこにいても手軽に手を消毒することができます。ところが、新型インフルエンザの蔓延に伴って大勢の人が一斉に買い求めたせいで、スーパーや薬局では売り切れ続出。細々とジェルの生産に当たっていた町工場も、以前は1ヶ月に3000個売れれば良いというペースだったのが、6月に入ってから6万個のストックが完売したそうで、現在は生産が需要に追いつかないとか。
あちこちのスーパーや薬局で売り切れているアルコールジェルですが、私はバス&ボディ用品のショップで購入しました。以前紹介したことのある「VZ Bath & Body」というお店です。
アルコールジェルというと、無色&無香料のものがほとんどですが、カラーセラピーやアロマセラピーに力を入れる「VZ」のジェルは、カラフルでいい香り。グリーンの「Verbena」(バーベナの花)、ブルーの「Oceanic」(スプラッシュマリン)、ピンクの「Watermelon」(スイカ)、オレンジの「Peach」(ピーチ)という4種類の展開。色ではピンクが好きな私ですが、スイカの香りだけはどうしても好きになれないので、「Peach」を買いました。アルコールだけどピーチのいい香りがして、これなら小さな子供たちも喜んで使えそうですし、消毒剤らしからぬクリアチューブに入っているところもいいです。
新型インフルエンザに関しては、騒ぎすぎるのも良くないし、過小評価をしてもいけません。一人一人が感染を防ぐことを自覚し、社会人として責任ある行動を取りたいものですね。
c0114387_12302074.jpg
Foto via "VZ"

「VZ」のショップは、ブエノスアイレスだけでなく、アルゼンチン国内の主要ショッピングモールに入っています。店舗の所在地については公式サイト のインデックスにある「Locales」でご確認ください。
[PR]
by precious31 | 2009-07-08 12:56 | 生活情報

隣国ウルグアイの万能薬 [Dr. Selby]

どこの国にも、代々伝わる処方をもとに作られて、昔から現在に至るまでたくさんの人が愛用し続けている薬というものがあると思います。日本だったら正露丸やオロナイン軟膏などがその代表で、龍角散などは200年もの歴史があるとか。こういう「昔ながらの万能薬」って、比較的刺激が少なくて、どことなく「身体に優しい薬」という印象を与えてくれませんか。
アルゼンチンでも、歴史のある万能薬が使われています。とはいえ、原産はお隣の国ウルグアイ。人口330万人の小さな国が世界に誇るその万能薬といえばこれ、「Dr. Selby」(ドクトール・セルビー)です。
c0114387_210569.jpg

Dr. Selbyとはご覧の通りの膏薬で、すり傷、切り傷、軽い火傷、皮膚荒れ・かぶれなどに良く効きます。私の場合、冬の寒い時期に手の甲が赤くなるほど荒れてしまったら、就寝前にDr. Selbyを塗って翌朝までに治します。オロナイン軟膏と比べるとやや重たい感じのクリームなので、少量をつけてゆっくり丹念にすり込む必要がありますが、それだけに効果はなかなかのもの。チューブのアンティークグリーンは大好きな色なので、ますます愛着を感じてしまう私。これから7~8月にかけてますます寒くなるブエノスアイレスで、バッグの中に欠かせない必需品のひとつです。

c0114387_2243572.jpg*Dr. Selbyには「Crema Curativa」(クレマ・クラティーバ=軟膏)と「Gotas Nasales」(ゴタス・ナサーレス=点鼻薬)の2種の薬があり、ここで紹介しているのは軟膏の方です。ウルグアイ国内の薬局では確実にお求めになれますが、アルゼンチンでも取り扱っている場合がありますので、直接薬局にお問い合わせください。また、お肌に合わない方もいるので、初めてお使いになる際は通常の塗り薬と同様、少量でお試しくださいね。
[PR]
by precious31 | 2009-06-28 02:46 | 生活情報

「硫黄」のフシギ

c0114387_6411497.jpgこれ、何だと思います?太めのチョークでもなければ、巨大なチャコでもありません。
実体は「azufre」(アスフレ)。「硫黄」の粉を固めたもので、アルゼンチンではなんと「薬用」に使われます。
私がアルゼンチンに来て間もない頃、肩が痛くなり、夫(当時はまだ友人)にその旨を話したところ「アスフレを試してみたら?」と言われました。彼曰く、「アスフレは身体の中にある余計な空気を出してくれるんだ」とのこと。首や肩など、痛いところにこれを当ててコロコロと転がすと、そのうちポキッ!と割れるので、割れたら空気が抜けた(つまり治った)ということなんだよ、と。言われた通りにやってみましたが、初めて聞く(見る)アスフレなるものの珍しさばかりに気を取られ、あのときに肩の痛みが取れたかどうかは覚えていません。
c0114387_733169.jpg日本では、硫黄泉に入ると皮膚病や高血圧に効くと言われていますが、肩凝りや、まして「身体の中の余計な空気を抜く」などという効能があるなんて聞いたことがありません。
でもネットで調べてみると、硫黄成分には「デトックス作用がある」という説も。昔から伝えられている「空気を抜く」というのも、もしかしたらデトックスのことなのかもしれません。確固たる医学的な証拠を見つけることはできませんが、肩凝りがひどい今日この頃、毒素を出してくれるのかな〜とちょっと期待しながらコロコロ転がしています。
興味のある方、ぜひお試しになってみてください。

「azufre」は薬局やスーパーで購入することができます。
[PR]
by precious31 | 2008-04-24 07:25 | 生活情報