タグ:パレルモ・ソーホー ( 20 ) タグの人気記事

アットホームなB&B [Hotel Rugantino]

c0114387_1441572.jpgここ数年、観光ブームの恩恵を受けているブエノスアイレスには、どんどん新しい宿泊施設が作られています。しかも、観光地として定番のホテルが集まるセントロ(ダウンタウン)ではなく、市内のオシャレなスポットに滞在する観光客も増えている様子。私自身も、海外に行くときはできればそういう地区に泊まりたいと考える方なので(昨年のハワイでは思いっきり観光客が集中するワイキキのど真ん中に宿泊しましたが)、パレルモ近辺に新しく登場したホテルにはかねてから興味を抱いておりました。
そんな折、先日、日本から来たお友達が宿泊したホテルがとても良かったので、ぜひここで紹介させていただきたいと思います。

c0114387_1482993.jpgパレルモ・ソーホーにある「Hotel Rugantino」(オテル・ルガンティーノ)は、カルロとニコラのイタリア人親子が経営するアットホームなB&B(ベッド&ブレックファスト)。この地区に多い古い家屋を改装した建物ですが、既存の柱や窓枠をそのまま残したことで温かい雰囲気が醸し出されています。

c0114387_3184463.jpgこちらはややはにかんだような笑顔が素敵なニコラ。お父さんのカルロと共に、滞在中のちょっとした相談にも快く乗ってくれる、とても頼れる存在です。部屋数が全部で8つと少ないのは、彼らがお客様を遠くからやって来た親戚のようにお持て成しするためなのだそう。一泊75ドルから115ドル(*2010年9月30日現在)という宿泊料金には朝食も含まれていてリーズナブル。2~3ブロックも歩けばパレルモ・ソーホーのど真ん中、7~8ブロック先には地下鉄のPlaza Italia駅というロケーションも最高です!

c0114387_3413781.jpg
Hotel Rugantino
Uriarte 1844 (Costa Rica通りとNicaragua通りの間)
Tel. 4773-2891
*公式サイトはこちら

*ホテルの画像はニコラから許可を得て公式サイトのものを掲載しています。無断転載はご遠慮ください。
[PR]
by precious31 | 2010-10-01 03:44 | 観光

100%アルゼンチン産のキュートなバッグ [Julieta Sedler]

c0114387_9511449.jpg最近アルゼンチンのモデルたちの間では、「Julieta Sedler」(フリエタ・セドレル)のバッグが大人気です。c0114387_9591531.jpg
デザイナーのフリエタ(画像右)は、パレルモ大学で服飾デザイン科を専攻したあと、メイクアップアーティストとして仕事をしていましたが、もともとバッグが大好きだったこともあり、08年7月から自分の名前を掲げたオリジナルブランド「Julieta Sedler」を立ち上げました。
c0114387_106782.jpgアルゼンチン国産の牛革を使って作られるバッグは軟らかくて手触りも良く、そしてとっても軽い!結構大きめのものでも重たくないので、毎日の仕事や通学に使うバッグとして最適です。デザイン毎に女性の名前がつけられていて、例えば一番売れているというこちら→は「Donatella」(ドナテラ)。一見シンプルなのですが、中には美しい花柄の裏地。私も早速、ブラックのドナテラを購入しました。
c0114387_10171372.jpgでも、フリエタが「愛を込めて作っているのよ」と言うバッグはどのデザインも可愛くて、ひとつだけ選ぶなんて難しい。そこで、ソフトなスエード皮の「Concepcion」(コンセプシオン/画像左)も買ってしまいました。こちらも裏地にカラフルな布が使われていて、ポケットは内側に3つ、両側面に2つ、蓋にもフリンジ付きのものがひとつ。c0114387_10311564.jpg容量もなかなかのものです。気兼ねしないでどんどん日常使いできるお値段も魅力。たくさんあるデザインと色の中から、きっとあなたのお気に入りが見つかるはずですよ。

c0114387_10531595.jpg
Julieta Sedler
Malabia 1318 (Nicero Vega通りとCabrera通りの間 / パレルモ・ソーホー地区)
営業時間:月~金曜は14時から20時まで、土曜は11時から19時まで、日曜は休み
Tel. 4777-1235




↑はアトリエ兼店舗でしたが、街頭沿いに新店舗がオープンしました!
住所: Armenia 1886 (Costa Rica通りとNicaragua通りの間 / パレルモソーホー地区)
Tel. 4831-8189
営業時間:月~土 11時から20時まで


*公式サイトはこちら
[PR]
by precious31 | 2010-09-12 11:01 | ファッション

こだわりカフェめぐり その2 [b-Blue]

c0114387_4572583.jpgファッションや雑貨、カフェが好きな人にとってとにかく魅力的なパレルモ・ソーホー地区。年々おしゃれなお店が増えて、散策するのがますます楽しいゾーンになっています。「こだわりカフェめぐり」第2弾では、そんなソーホー地区で歩いている途中でちょっと一息つきたいときや、お買い物前の朝食・ランチにオススメのヘルシーなデリを紹介しましょう。
c0114387_5291992.jpg「b-Blue」(ビー・ブルー)は、ソーホー地区で最も賑わう界隈にある小さなデリ。オーナーはアルゼンチンの北東部にあるコリエンテス州で広大なブルーベリー農場を経営していて、お店の名前もブルーベリーにあやかったもの。酸化防止、滋養強壮、リラクシングなどの目的別にブレンドされたフレッシュフルーツ・ジュースのレパートリーは全部で11種あり、中にはビタミンEやアミノ酸、ミネラルが豊富なビーポレン(ミツバチ花粉)入りのものも。スムージーにはブルーベリー&バナナなんていうのもあって、とても美味しいです。
c0114387_517876.jpg
6種類ある朝食メニューの中で私が好きなのは、カフェオレ、絞りたてオレンジジュース、ブルーベリージャムとクリームチーズが添えられたパンドカンパーニュのトーストに、スモークサーモン入りスクランブルエッグのついた「b-Strong」(画像上↑)。がっつり食べて、その後のショッピングに備えます。
c0114387_5425514.jpgサラダ、サンドイッチ、ブルスケッタといったランチメニューに、ケーキやマフィン、クッキーなどティータイム向けの焼き菓子もあります。ブエノスアイレスのほとんどのカフェ&レストランの例に漏れず店内では無線LANが使えるので、ノートパソコンを持ち込んでゆっくり仕事をする人の姿も。
また、自家製ブルーベリージャムやドゥルセ・デ・レチェの他、農場で採取されるユーカリのハチミツも販売。ユーカリのハチミツは喉風邪に効くと言われるので、常備しておいて紅茶に入れて飲んでもいいですね。
とにかくヘルシーなメニューが揃った「b-Blue」、パレルモ・ソーホーでお買い物がてら、ぜひ立ち寄ってみてください♪
(上の2枚の画像はお店の許可を得て使用させていただいてます)

b-Blue
Armenia 1692 (Honduras通りとEl Salvador通りの間)
電話:4831-7024
[PR]
by precious31 | 2010-07-09 05:57 | カフェ

こだわりカフェめぐり その1 [Casa Mua]

c0114387_1473519.jpgこれまでにもいくつか、ブエノスアイレス市内にあるカフェを紹介してきましたが、今回から思い切ってシリーズ化することにしました。その第一弾はこちら、「Casa Mua」。パレルモ・ソーホー地区にオープンして間もないステキなカフェで、思わずうっとり見入ってしまうアンティークグリーンの外装が目印です。c0114387_14194443.jpg
ホワイトアイアンのガーデン用テーブル&チェアを使ったり、大工用の大きなテーブルにコーヒー豆の袋を張ったイスを合わせたりと、なかなか凝った内装もキュート。店内はギャラリーも兼ねているので、展示してある絵画の大半は購入可能だそう。コーナーはちょっとした雑貨スペースになっていて、可愛らしいインテリア小物が販売されています。今はちょうどホリデーシーズン直前ということで、クリスマスグッズが中心の品揃え。
c0114387_1431631.jpg
お食事はサラダやサンドイッチが中心ですが、カフェには珍しくキッズ向け特別メニューもあります。パンは全て「L’épi Boulangerie」(レピ・ブランジェリー)のものなので、お味は保証つき。パンだけを購入することもできるので、朝ここでカフェオレとクロワッサンをいただいたあと、美味しいフォカッチアをお持ち帰りして、ランチにサンドイッチを作るのもいいですね。

Casa Mua
Soler 4202 (Julian Alvarez通りの角 / パレルモ・ソーホー地区)
電話: 4862-7561

「番外編ハワイ」は完結間近!興味がおありの方はぜひお立ち寄りくださいませ♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-12-14 14:55 | カフェ

新製品のお知らせ [Violraviol]

c0114387_2312870.jpg以前紹介した「Violraviol」(ビオルラビオル)のオーナー兼デザイナーのセシリアから、新しいエプロンのお知らせが届きました。左の画像は前と同じデザインのバリエーション。c0114387_234324.jpg
右の画像は、ヴィンテージ・ファブリックを使った新しいデザインのエプロンです。デッドストックで10mずつしか入手できなかったそうで、つまりは「限定品」。ちょっぴりレトロな柄がステキですね~。
また、8月9日の「Dia del Niño」(こどもの日)に合わせて、女児用のエプロン(画像下)も作られました。4~8才くらいの子が対象のサイズで、デザインは大人のものと全く同じなのでとってもキュート(モデルはセシリアの姪っ子です♪)。
c0114387_244779.jpg
問屋街にて大量のファブリックとアンティークボタンを仕入れてきたセシリアは、現在、ティータオルやナプキンを作ろうと考案中なのだそう。キッチン用品がお好きな方、どうぞお楽しみに!

★Violraviolの商品は雑貨屋「Cou Cou」でお買い求めになれます
Cou Cou
Thames 1437 (パレルモ・ソーホー地区)

★Cou Couの店舗が引越しました!
新しい住所はこちらです。
gurruchaga 1783(Costa Rica通りとEl Salvador通りの間)


追記:パレルモとベルグラーノ地区にお住まいの方でしたら、セシリアから直接購入することも可能です。メールにてご希望の品を伝えれば、彼女が直接届けてくれますよ。
セシリアのメールアドレス:info@violraviol.com


★ますます好評(??)「番外編ハワイ」も随時更新中です。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by Precious31 | 2009-08-20 02:57 | ショップ

アルゼンチン製の紙製品はいかが? [TINTHA]

子供の頃から「目がないもの」のひとつに紙製品があります。その昔、大阪心斎橋にソニービルがオープンしたばかりの頃、ソニープラザ(現PLAZA)で輸入品の美しいカードセットを買ってもらったときの感動から始まって、未だにノート、カード、レターセットに対する情熱は冷めません。そして最近、そんな私の欲望を満たしてくれるお店がパレルモ・ソーホーに登場しました。
c0114387_6251985.jpg

c0114387_6354621.jpg「TINTHA」(ティンタ)は、こちらで「papeleria」(パペレリア=紙屋)と呼ばれるお店。ノートやカード、カレンダー、手帳、日記帳などなど、上質でオリジナルの紙製品を揃えています。こちら(画像右)はブエノスアイレス市内の地図が表紙になったハードカバーのノート。地図の色に合わせたアップルグリーンとブルーの紐しおりがきれいです。
その他、1週間の献立を書き留めておくメモ、お買い物リスト用のメモ、明日のための覚え書き帳といった商品もあります。スペイン語で書かれているので、アルゼンチンのおみやげにしてもいいですね。
c0114387_6503149.jpg私は先日、レシピボックス (画像左)を買いました。ハーブのイラストと、上品なグリーンが気に入ってます。前菜、メインディッシュ、デザート、その他とあるインデックスのうち、私がレシピで埋めることになるのはデザートだけになりそう・・・。

TINTHAでは、パーティーの招待状やレターヘッドのプリントも承っている他、ハサミやペンなどの文房具に、キッチンタイマーや冷蔵庫につけるマグネットといった雑貨も扱っています。ちょっとしたプレゼントを選ぶのに好都合なお店ですね。

c0114387_7154287.jpg
TINTHA
Costa Rica 4902 (Thames通りの角/パレルモ・ソーホー地区)
電話:4834-6938


追記:この記事を書くために大阪のソニービルの詳細を調べようとして、もうなくなってしまったことを初めて知りました。オープン当初、ソニープラザで、カード以外に輸入品のピンクの雨傘やフローズンストロベリーを買ってもらってものすごく嬉しかったことを覚えているので、その思い出の詰まったビルがなくなったと知ってプチショックな私です!
[PR]
by precious31 | 2009-03-27 07:24 | ショップ

暮らしに彩りを♪ [Violraviol]

c0114387_3571949.jpgようやくアルゼンチンでも、スーパーのレジ袋を廃滅しようという動きが見られるようになりました。私がブエノスアイレスに住み始めた20年前、ここではスーパーの存在自体が珍しく、誰もが近所の八百屋やパン屋にバッグやカートを持ってお買い物に行っていたのに、今ではどこに行ってもビニール製のレジ袋が氾濫。そこで、またひと昔前のように「changuito」(チャンギート)と呼ばれるカートでお買い物しましょうよ!と呼びかけているブランドがあります。

c0114387_464336.jpg
「Violraviol」(ビオルラビオル)は、毎日の家事に色を添えて楽しみましょうというコンセプトのもとに作られました。扱っているのは、お買い物に行くときに使うチャンギートやカゴ、美味しいお料理を作るときに使うエプロン、朝ご飯やおやつの時間に敷くランチョンマットなど、普段の生活で私たちが頻繁に使用する製品ばかり。チャンギートはアルゼンチン独特のフォルムで、外側にボトルを並べて入れられるようになっています。カラフルなチャンギートを引いてお買い物に出かけるのって楽しそう♪
c0114387_4251646.jpg

「環境保護」って、こういう身近なところから実践して行くもの。チャンギートにはどうしても「おばあちゃんのもの」というイメージがつきまといますが、こんなデザインなら若い人でも使い易いはず。ダイニングルームやキッチンに置いておいても邪魔じゃなくて、むしろオシャレ。こちらのファッション誌でも「グラムールなチャンギート」として紹介されていました。グラムールでエコ、素敵だと思いません?

c0114387_4361184.jpgそれから、私が惚れ込んだのはエプロン♪
着たまま外に出たくなるほど可愛いのです。買った日の午後はずっとキッチンにいたくなって、その勢いでマフィン24個とギョウザ40個を一気に作ってしまいました。
Violraviolのオーナー兼デザイナーのセシリアは
「単純なことだけど、日常に色を添えるだけで地球に優しく、幸せな暮らしを送ることができるのよ」と話してくれました。私も、同感です。
c0114387_534657.jpg


c0114387_585098.jpgViolraviolの商品は以下のストアでお求めになることができます
Cou Cou
Thames 1437 (パレルモ・ソーホー地区)
電話:4833-9392


★Cou Couの店舗が引越しました!
新しい住所はこちらです。
gurruchaga 1783(Costa Rica通りとEl Salvador通りの間)



*Violraviolの公式サイトは
こちら


【プレゼントのお知らせ】Violraviolのエプロン(私とお揃いの左端のデザイン)を1名の方にプレゼントします。アルゼンチン国内外を問いませんので、ご希望の方は下記アドレスまでメールください。応募者が多数となった場合には抽選となりますことをご了承くださいね。メールの受け付けは日本時間の3月22日(日)午後9時より開始、翌23日(月)午前9時に締め切らせていただきます。
メール:precious31@excite.co.jp


*↑プレゼントのメール受け付けは終了させていただきました。たくさんのご応募、ありがとうございました。メールをくださった方には、後ほど連絡差し上げますので、今しばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by precious31 | 2009-03-22 05:30 | ショップ

すべてがジャストなカフェランチ [Helena]

c0114387_8275498.jpg大雨の中、パレルモ・ソーホーへお買い物に出かけた日。14歳の長女のお買い物なので、親は口出しせず、彼女のあとをついて行くのみ。午前中だけで済ませるつもりが、なかなか気に入った物が見つからず、お店を一軒ずつじっくりと見て回っていたら、いつの間にかランチの時間をとっくに過ぎていました。お腹が空いていては戦=お買い物も続けられませんが、レストランに入ってゆっくりと食事をしている時間がないのも事実。そこで、オープンしたてのカフェ「Helena」(エレナ)に飛び込みました。カフェランチなら、手早く食べられて好都合です。

c0114387_829227.jpg「Helena」は小さくて可愛らしいカフェ。白とアクアブルーの配色がステキな店内は、シャンデリアが飾られているのに嫌みなゴージャスさはなくて落ち着いた雰囲気。壁のボードにメニューが書かれているので、それを見ながら長女は生ハムのサンドイッチ、私はステーキ入りのサラダをオーダーしました。c0114387_8412824.jpg

サラダに入っているステーキは一口サイズになっていて、なんと味付けは味噌。野菜にはドレッシングがかかっておらず、ステーキの味噌味と一緒にいただくととてもさっぱりしています。
c0114387_8464229.jpg付け合わせには手作りパンが添えられていて、ふかふかの出来立てで美味しい。生ハムのサンドイッチに使われているパンも自家製の「pan de campo」(パン・デ・カンポ=田舎風パン)。素朴な味わいで、ハムとクリームチーズの美味しさが際立っていました。サイドのスパイシーなポテトは、長女が「これだけおかわりしたい」と言うほど。飲み物にオーダーしたレモネードは、よそのカフェでよく見かけるハーブ入りではなく純粋にレモンだけ。これはこれでまた美味しく、甘すぎることもなくて食事に合っていました。

c0114387_9135776.jpg食後のコーヒーは「Lagrima」(ラグリマ=涙)。スチームミルクにコーヒーをほんの少しだけ、その名の通りティアドロップのように注ぎ入れた飲み物です。ここではこんなふうに、グラスにカラフルなソーサーで可愛らしくサーヴしてくれました。ちゃちゃっと食べられて、量も多すぎず、お値段もお手頃というカフェランチ。雨もやみ、全てがジャストで、このあと私たちは気持ち良くお買い物に戻ったのでした。



Helena
Nicaragua 4816(パレルモ・ソーホー地区)
電話:4833-0256
[PR]
by precious31 | 2009-03-08 09:29 | カフェ

カフェで楽しむお食事とお買い物 [El Ultimo Beso]

パレルモ・ソーホー地区には、古い家屋を改装して造られたお店やカフェが点在しています。外観だけを残し、中は壁を取り払って広いスペースにする店舗が多い中、若者たちに人気のカフェ「El Ultimo Beso」(エル・ウルティモ・ベソ=ラストキッス)は部屋の仕切りをそのまま利用。シャビーシックな内装も手伝って、ノスタルジックでロマンチックな雰囲気を醸し出しています。
c0114387_1142043.jpg
c0114387_1281039.jpgお店の奥にあるパティオ(↑画像)は、噴水の音と薔薇の花の美しさが作り上げる癒しの空間。ディナー時にはキャンドルの灯火でムードが高まります。サーヴウェアの大半はオーナーが集めたヴィンテージで、お皿もグラスもひとつひとつが異なっているのですが、そのミスマッチがシャビーシックスタイルの良いところ。
c0114387_231332.jpgシェフのホセ・ルイス・コスタンティーニがプロデュースするお食事は、「ボリュームで勝負!」というレストランが多いアルゼンチンでは珍しく、量が控えめなので女性向き。野菜はオーナー所有の農場でオーガニック栽培されたものを使用していて、とても新鮮です。

c0114387_215262.jpg また、ヴィンテージ雑貨とオリジナルデザインの服を扱っているので、カフェのあとでお買い物が楽しめるのも魅力。アンティークのカップ&ソーサーやティーポット、ヴィンテージのワイングラスなどなど、どれもこれも可愛くて、行く度にどうしても「物欲」に負ける私。美味しいお食事にヴィンテージ雑貨という、まさに女性が喜びそうな組み合わせをシャビーシックなカフェにまとめるとは、見事な発想ですね。

c0114387_2265510.jpg
El Ultimo Beso
Nicaragua 4880(パレルモ・ソーホー地区)
電話:4832-7711
公式サイトはこちら
*カフェのメニューはこちらの「Ver Menu」からご覧くださいc0114387_8291552.jpg



追記:お茶やお食事をしなくても、雑貨屋とブティックだけを見に入ることはできますので、可愛い小物がお好きな方は気軽に立ち寄ってみてくださいね。
[PR]
by precious31 | 2009-02-27 02:55 | レストラン

マテ茶の意外な効能

c0114387_12163356.jpg
アルゼンチンを始め、南米各国で愛飲されているお茶、マテ茶。そのマテ茶の葉の効能を利用したスキンケア製品があることをご存知でしたか?
ニューヨーク生まれの自然派化粧品ブランド「Kiehl's」(キールズ)の「Yerba Mate Tea」(イェルバ・マテ・ティー)ライン。マテ茶に含まれているビタミンや抗酸化物質を、お肌に直接つけて活用してしまおうという素晴らしいアイデア商品です。私はローション(画像左)を使っていますが、オイルフリーなうえに、キールズならではのポリシーから化学薬品を一切配合していないので、刺激もなく、しっとりと肌に馴染みます。

c0114387_12594065.jpgこの「Yerba Mate Tea」ラインは、ローションの他にもトナーとクレンザーがあり、3つ合わせて使うと更に効果が期待されるとのこと。マテ茶にミネラルやビタミンが豊富なことは知っていましたが、抗酸化作用があることは(恥ずかしながら)知りませんでした。トナー&ローションでお肌を整えて、毎日マテ茶を飲んでいれば、小ジワなんかコワくない?

Kiehl's
Armenia 1527 (Gorriti通りとHonduras通りの間/パレルモ・ソーホー地区)
電話:4831-7999

追記:最近、日本にも上陸を果たしたキールズ。ブエノスアイレスに支店ができたのも今年の4月のことです。このマテ茶ラインはアルゼンチンだけのものではありませんので、日本でもお買い求めになることが可能です。
*Kiehl's Japanー伊勢丹新宿店本館2階
[PR]
by precious31 | 2008-12-24 13:15 | コスメ