タグ:カフェ ( 13 ) タグの人気記事

こだわりカフェめぐり その2 [b-Blue]

c0114387_4572583.jpgファッションや雑貨、カフェが好きな人にとってとにかく魅力的なパレルモ・ソーホー地区。年々おしゃれなお店が増えて、散策するのがますます楽しいゾーンになっています。「こだわりカフェめぐり」第2弾では、そんなソーホー地区で歩いている途中でちょっと一息つきたいときや、お買い物前の朝食・ランチにオススメのヘルシーなデリを紹介しましょう。
c0114387_5291992.jpg「b-Blue」(ビー・ブルー)は、ソーホー地区で最も賑わう界隈にある小さなデリ。オーナーはアルゼンチンの北東部にあるコリエンテス州で広大なブルーベリー農場を経営していて、お店の名前もブルーベリーにあやかったもの。酸化防止、滋養強壮、リラクシングなどの目的別にブレンドされたフレッシュフルーツ・ジュースのレパートリーは全部で11種あり、中にはビタミンEやアミノ酸、ミネラルが豊富なビーポレン(ミツバチ花粉)入りのものも。スムージーにはブルーベリー&バナナなんていうのもあって、とても美味しいです。
c0114387_517876.jpg
6種類ある朝食メニューの中で私が好きなのは、カフェオレ、絞りたてオレンジジュース、ブルーベリージャムとクリームチーズが添えられたパンドカンパーニュのトーストに、スモークサーモン入りスクランブルエッグのついた「b-Strong」(画像上↑)。がっつり食べて、その後のショッピングに備えます。
c0114387_5425514.jpgサラダ、サンドイッチ、ブルスケッタといったランチメニューに、ケーキやマフィン、クッキーなどティータイム向けの焼き菓子もあります。ブエノスアイレスのほとんどのカフェ&レストランの例に漏れず店内では無線LANが使えるので、ノートパソコンを持ち込んでゆっくり仕事をする人の姿も。
また、自家製ブルーベリージャムやドゥルセ・デ・レチェの他、農場で採取されるユーカリのハチミツも販売。ユーカリのハチミツは喉風邪に効くと言われるので、常備しておいて紅茶に入れて飲んでもいいですね。
とにかくヘルシーなメニューが揃った「b-Blue」、パレルモ・ソーホーでお買い物がてら、ぜひ立ち寄ってみてください♪
(上の2枚の画像はお店の許可を得て使用させていただいてます)

b-Blue
Armenia 1692 (Honduras通りとEl Salvador通りの間)
電話:4831-7024
[PR]
by precious31 | 2010-07-09 05:57 | カフェ

こだわりカフェめぐり その1 [Casa Mua]

c0114387_1473519.jpgこれまでにもいくつか、ブエノスアイレス市内にあるカフェを紹介してきましたが、今回から思い切ってシリーズ化することにしました。その第一弾はこちら、「Casa Mua」。パレルモ・ソーホー地区にオープンして間もないステキなカフェで、思わずうっとり見入ってしまうアンティークグリーンの外装が目印です。c0114387_14194443.jpg
ホワイトアイアンのガーデン用テーブル&チェアを使ったり、大工用の大きなテーブルにコーヒー豆の袋を張ったイスを合わせたりと、なかなか凝った内装もキュート。店内はギャラリーも兼ねているので、展示してある絵画の大半は購入可能だそう。コーナーはちょっとした雑貨スペースになっていて、可愛らしいインテリア小物が販売されています。今はちょうどホリデーシーズン直前ということで、クリスマスグッズが中心の品揃え。
c0114387_1431631.jpg
お食事はサラダやサンドイッチが中心ですが、カフェには珍しくキッズ向け特別メニューもあります。パンは全て「L’épi Boulangerie」(レピ・ブランジェリー)のものなので、お味は保証つき。パンだけを購入することもできるので、朝ここでカフェオレとクロワッサンをいただいたあと、美味しいフォカッチアをお持ち帰りして、ランチにサンドイッチを作るのもいいですね。

Casa Mua
Soler 4202 (Julian Alvarez通りの角 / パレルモ・ソーホー地区)
電話: 4862-7561

「番外編ハワイ」は完結間近!興味がおありの方はぜひお立ち寄りくださいませ♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-12-14 14:55 | カフェ

すべてがジャストなカフェランチ [Helena]

c0114387_8275498.jpg大雨の中、パレルモ・ソーホーへお買い物に出かけた日。14歳の長女のお買い物なので、親は口出しせず、彼女のあとをついて行くのみ。午前中だけで済ませるつもりが、なかなか気に入った物が見つからず、お店を一軒ずつじっくりと見て回っていたら、いつの間にかランチの時間をとっくに過ぎていました。お腹が空いていては戦=お買い物も続けられませんが、レストランに入ってゆっくりと食事をしている時間がないのも事実。そこで、オープンしたてのカフェ「Helena」(エレナ)に飛び込みました。カフェランチなら、手早く食べられて好都合です。

c0114387_829227.jpg「Helena」は小さくて可愛らしいカフェ。白とアクアブルーの配色がステキな店内は、シャンデリアが飾られているのに嫌みなゴージャスさはなくて落ち着いた雰囲気。壁のボードにメニューが書かれているので、それを見ながら長女は生ハムのサンドイッチ、私はステーキ入りのサラダをオーダーしました。c0114387_8412824.jpg

サラダに入っているステーキは一口サイズになっていて、なんと味付けは味噌。野菜にはドレッシングがかかっておらず、ステーキの味噌味と一緒にいただくととてもさっぱりしています。
c0114387_8464229.jpg付け合わせには手作りパンが添えられていて、ふかふかの出来立てで美味しい。生ハムのサンドイッチに使われているパンも自家製の「pan de campo」(パン・デ・カンポ=田舎風パン)。素朴な味わいで、ハムとクリームチーズの美味しさが際立っていました。サイドのスパイシーなポテトは、長女が「これだけおかわりしたい」と言うほど。飲み物にオーダーしたレモネードは、よそのカフェでよく見かけるハーブ入りではなく純粋にレモンだけ。これはこれでまた美味しく、甘すぎることもなくて食事に合っていました。

c0114387_9135776.jpg食後のコーヒーは「Lagrima」(ラグリマ=涙)。スチームミルクにコーヒーをほんの少しだけ、その名の通りティアドロップのように注ぎ入れた飲み物です。ここではこんなふうに、グラスにカラフルなソーサーで可愛らしくサーヴしてくれました。ちゃちゃっと食べられて、量も多すぎず、お値段もお手頃というカフェランチ。雨もやみ、全てがジャストで、このあと私たちは気持ち良くお買い物に戻ったのでした。



Helena
Nicaragua 4816(パレルモ・ソーホー地区)
電話:4833-0256
[PR]
by precious31 | 2009-03-08 09:29 | カフェ

カフェで楽しむお食事とお買い物 [El Ultimo Beso]

パレルモ・ソーホー地区には、古い家屋を改装して造られたお店やカフェが点在しています。外観だけを残し、中は壁を取り払って広いスペースにする店舗が多い中、若者たちに人気のカフェ「El Ultimo Beso」(エル・ウルティモ・ベソ=ラストキッス)は部屋の仕切りをそのまま利用。シャビーシックな内装も手伝って、ノスタルジックでロマンチックな雰囲気を醸し出しています。
c0114387_1142043.jpg
c0114387_1281039.jpgお店の奥にあるパティオ(↑画像)は、噴水の音と薔薇の花の美しさが作り上げる癒しの空間。ディナー時にはキャンドルの灯火でムードが高まります。サーヴウェアの大半はオーナーが集めたヴィンテージで、お皿もグラスもひとつひとつが異なっているのですが、そのミスマッチがシャビーシックスタイルの良いところ。
c0114387_231332.jpgシェフのホセ・ルイス・コスタンティーニがプロデュースするお食事は、「ボリュームで勝負!」というレストランが多いアルゼンチンでは珍しく、量が控えめなので女性向き。野菜はオーナー所有の農場でオーガニック栽培されたものを使用していて、とても新鮮です。

c0114387_215262.jpg また、ヴィンテージ雑貨とオリジナルデザインの服を扱っているので、カフェのあとでお買い物が楽しめるのも魅力。アンティークのカップ&ソーサーやティーポット、ヴィンテージのワイングラスなどなど、どれもこれも可愛くて、行く度にどうしても「物欲」に負ける私。美味しいお食事にヴィンテージ雑貨という、まさに女性が喜びそうな組み合わせをシャビーシックなカフェにまとめるとは、見事な発想ですね。

c0114387_2265510.jpg
El Ultimo Beso
Nicaragua 4880(パレルモ・ソーホー地区)
電話:4832-7711
公式サイトはこちら
*カフェのメニューはこちらの「Ver Menu」からご覧くださいc0114387_8291552.jpg



追記:お茶やお食事をしなくても、雑貨屋とブティックだけを見に入ることはできますので、可愛い小物がお好きな方は気軽に立ち寄ってみてくださいね。
[PR]
by precious31 | 2009-02-27 02:55 | レストラン

アルゼンチンでもスタバ人気は定着する?

c0114387_221673.jpgいよいよ、というか、やっと、アルゼンチンにもスターバックスコーヒーが開店することになりました。第1号店は5月、パレルモ地区のショッピングモール「Alto Palermo」にオープンすることが決まっています。昨年のうちに選出されたスタッフたちは2月現在、チリのサンティアゴ市でバリスタの研修中。3月には本場シアトルにて特訓を受けて、オープンに備えるという万全の体制です。

今や全世界中で支持される「スタバ」ことスターバックスコーヒーですが、アルゼンチンで生き延びるのは容易なことではないと考えられています。行きつけのカフェでゆったりとエスプレッソやカフェ・コン・レチェ(カフェオレ)を楽しむ文化が根付いている保守的な国なので、「紙コップでコーヒーなんて!」と顔をしかめるご婦人がいること。反米感情が少なくないお国柄から、アメリカのものを生理的に拒否する人が多いこと。地下鉄の料金が0.9ペソ(約30円)なのに、その10倍以上もの値段になってしまうコーヒーを、一体どれだけの人がどの程度の頻度で買うのか、という疑問。不安材料はいくつもありますが、ラテンアメリカにてスタバを展開させるメキシコの「Alsea」社は、アルゼンチンでも一大ブームを巻き起こそうとしています。

c0114387_2552379.jpg正直なところ、私は今まで、アルゼンチン国内で「美味しい!」と思えるコーヒーに出会ったことがありません。粒の大きさの揃った良質のコーヒー豆は全てヨーロッパに行ってしまうという話を聞いたこともあり、信憑性のほどはわかりませんが、カフェに入って、まるでタバコのエキスのようなコーヒーが出て来るたびに「そうなのかも」と思わずにいられません。なので、コーヒーの味にこだわりを持つスタバのアルゼンチン上陸はとても喜ばしいこと。海外旅行に行くたびに、わざわざコーヒー豆を買い占める必要もなくなるのですから。

いくら保守的な国とはいっても、舌の肥えたアルゼンチン人のこと、スタバのコーヒーを飲んだらきっと気に入るはず。こうして海外から「良いもの」が入って来ることは、国内のコーヒー産業を奮い立たせるきっかけにもなるのではないでしょうか。オープン直後のちょっとしたブームから人気が定着しますかどうか、お気に入りのバニラシロップ入りスターバックスラテを飲みながらじっくり見守りたいと思います。

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2008-02-05 03:36 | カフェ

潜水艦のナゾ

アルゼンチンで暮らし始めたばかりの頃、ひとりでカフェに出かけて、隣のテーブルの男の子が飲んでいたものに目が止まりました。ミルクがたっぷり入った大きなカップにドカンとチョコレートのかたまりを入れて、混ぜて、飲んでいるのです。要するに「ココア」なんですが、チョコレートのバーをそのまま入れて飲むスタイルは初めて見たので、ウェイターさんに「あれは何という飲み物ですか?」と聞くと、「Submarino(スブマリーノ)だよ」との答え。
「ス、スブマリーノって要するにサブマリンのこと?潜水艦?どうして?」とすかさず質問するも、ウェイターさんは謎のスマイルをしながら去って行ってしまいました。「私はもしかしたらからかわれたのか?」と思い、メニューを手に取って見てみると、ちゃんとあるではないですか、「Submarino」という飲み物が!
c0114387_052710.jpgこれが、そのsubmarinoです。あつあつのミルクにチョコレートバーがついてきます。左の画像は↓のPark Hyatt Buenos Airesのティーハウスにて娘たちが飲んだもので、銀の可愛いシュガーポットの中には、チョコと一緒にお砂糖も入っています。チョコレートバーを溶かして飲むと、カカオ本来の味がひきたてられるような感じ。粉末ココアとはまた違ったおいしさです。

さて、このsubmarino、アルゼンチンだけでなくお隣のウルグアイでもお馴染みの飲み物なのですが、どうしてsubmarino=潜水艦と呼ばれているのか、はっきりとした理由が未だにわかりません。夫は「チョコレートが潜水艦みたいに沈むからだ」と言いますが、そんなに単純なものなのかしら。あのときのウェイターさんのミステリアスなスマイルもどうも引っかかるし、もしかしたら何か特別な由来があるのでは?と思っています。
どなたか「潜水艦のナゾ」の答えをご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください!
[PR]
by precious31 | 2008-02-02 00:35 | 生活情報

プエルトマデーロの「マーケット」

ブエノスアイレス市内で最も高級な新興住宅地プエルトマデーロ。港を埋め立てて造られたこの地区は、洗練されたレストランやカフェが建ち並ぶ他、ホテルやマンションが次々と建築されていることで知られていますが、ここに、小さくてお洒落な「マーケット」があるのをご存知ですか?

c0114387_8501612.jpg名前は「i Fresh Market」(イ・フレッシュマーケット)なのですが、実は「マーケット」と言ってもメインはレストラン&カフェ。オープンスペースに、国内外の良質な食品や、雑貨、花などが揃うミニマーケットが併設されています。今や世界的に有名なアルゼンチン人のティーブレンダー、Ines Berton(イネス・ベルトン)がプロデュースするハーブティーブランド「Tealosophy」 (ティーロソフィー) のお茶はもちろん、フレンチスタイルの小さくて美しいケーキの他、ハムとチーズ、ワイン、ジャム、スパイスなどなど、味にこだわる人たちから合格印を捺された美味なものが大集合。ロールケーキの形に飾られたタオルのセットや、パウンドケーキの形&香りのソープなど、プレゼントに良さそうな雑貨もたくさん並んでいます。

レストランでは、10種類のサンドイッチが楽しめます。中身はスモークサーモン&クリームチーズ、チキン&ルッコラ、ビーフ&オニオン、プロシュート&チーズなどなど。パンはバゲットですが、素材のおいしさと調和するように、中身によってプレーンだったりシリアル入りだったり。付け合わせのほっかほかポテトで、お腹は大満足。グラスに注がれてサーヴされるカフェもおいしい。
c0114387_931362.jpg

c0114387_106732.jpgオススメのドリンクは、お店のスペシャル「i」。イチゴ、バナナ、オレンジ、マンゴー、ココナッツミルクなどがミックスされているスムーシーです。ちなみに、お店の名前にもなっている「i」(イ)とは、アルゼンチンの先住民族マプチェの言葉で「さあ食べましょう」という意味なのだとか。その名の通り、プエルトマデーロを散策中にお腹が空いたら、ぜひここで「i」してみてくださいね。

i Fresh Market
Azucena Villaflor通りとOlga Cossettini通りの角
(プエルトマデーロ地区/Dique 2とDique 3の間にあります)
Tel. 5775-0330
公式サイトはこちら

追記:文中で触れているここのおいしいケーキとTealosophyのお茶については、後日改めて紹介します。どちらも単独で取り上げる価値大!ですので。
[PR]
by precious31 | 2007-11-26 10:28 | ショップ

女の子のためのショップ「Barbie Store」オープン!

c0114387_6173437.jpg我が家から徒歩わずか2分という至近距離に、この度「Barbie Store」(バービーストア)がオープンしました♪

バービーストアと言っても、単にバービー人形を売っているショップではありません。「Fashiontainment」(ファッションテイメント=ファッションとエンターテイメントを合わせた造語)をテーマにしたお店、つまり、訪れたお客様たちに、おしゃれだけでなく、そこで楽しんでもらうことが目的です。
c0114387_6275626.jpg
一歩足を踏み入れると、そこはピンクと白に飾られた女の子の世界!
中にあるのは、3歳から12歳までの女の子向けの服やアクセサリーを扱うブティック、ステキな髪型にセットしてもらえるビューティーサロン、c0114387_6335213.jpgおいしいミルクシェイクとお菓子でちょっと休憩できるティーハウス、実物大に再現された「バービーの家」、そしてお誕生日や様々なお祝い事に使えるパーティー用サロン。これだけ大規模なバービーストアが作られたのは、世界でもブエノスアイレスが初めてなのだそう。万全な準備が整っていないまま、どうしても9月中にオープンしなければならなかったようで、お店の品物の数はまだ少ないなというのが率直な感想ですが、それでも、5〜6歳の女の子を連れたたくさんのファミリーが連日訪れています。
c0114387_642530.jpgさっそく、ティーハウスに行ってみました。メニューの表紙はもちろんバービー。ここは、市内でも有名なパティセリー「Como en Casa」(コモ・エン・カサ)の支店なので、お菓子はどれもおいしく、c0114387_646532.jpg特にアルファホール(クッキーにドゥルセデレチェを挟んだお菓子)はパステルカラーになっていて、まるでマカロンのような可愛さ♪コーヒーカップにもバービーのシルエット、おまけでついてくるクッキーも愛らしいハート型。子供用には「Licuado」(リクアード)と呼ばれるスムーシーや、ホット&アイスココアもあります。
オープンしたばかりだというのに、すでに奥のパーティーサロンの下見にやって来る親子連れが後を絶えません。女の子にとっては夢のような「バービーの館」で自分の誕生日をお祝いできるなんて、ステキですよね。
私も、来月12歳になる次女に「ここでパーティしたい?」と聞いてみましたが、彼女は間髪入れずに言いました。「男の子を呼べないからイヤ」ですって!それくらい、ガーリッシュな世界です。来店した女の子たちはもちろん、付き添いのママやお祖母さんたちの目がキラキラ輝いていたのが印象的でした。

Barbie Store
Av. Scalabrini Ortiz 3170 (Cabello 通りとCervino通りの間)/パレルモ地区

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-10-09 07:10 | ショップ

パン・オ・ショコラを求めて

高校生の頃、新宿四谷三丁目のパン屋でアルバイトをしていた私。場所柄、各国の大使館関係者のお客様が多かったので、ヨーロッパの人にも満足してもらえる本格派のパンを揃えていたことで有名なお店でしたが、そこで覚えたパン・オ・ショコラの味が忘れられず、アルゼンチンでもず〜っと「食べたいな〜」と思っていました。

c0114387_8235678.jpg街中の普通のパン屋には、パン・オ・ショコラはありません。でも、見つけましたよ、ヒルトン・ホテルの1階にある「Panadero Take Away」(パナデーロ・テイクアウェイ)に。ここは、お友達が「クロワッサンがおいしい」と教えてくれたパティセリーで、カウンターの後ろには日本人にもお馴染みのペストリーたちが並んでいます。その中に、ありました、パン・オ・ショコラ♪

c0114387_8374373.jpg 外側の生地は、食べた時にぱらぱら崩れるほど薄くて軽いのに、中はしっかりと噛み応えのあるクロワッサン生地。チョコレートも甘すぎなくてちょうどいい感じ。欲を言えば、サイズがもう少し大きくても良かったかなと思うのですが、カロリーの取り過ぎに気をつけないといけない身としては、これくらいがちょうどいいのかも。でも、とってもおいしそうに見えるクロワッサン(実際においしい♪)も一緒に買ってしまうとダイエットにはなりません→

c0114387_8585172.jpgこのパティセリーでは、新鮮なカットフルーツやサンドイッチ、テイクアウトできるコーヒーなども販売しています。更に嬉しいことに、小ぶりで甘過ぎないケーキもあります。ここでパン・オ・ショコラとコーヒーを買って、Puerto Madero(プエルト・マデーロ)をお散歩しながら食べるというのもいいですね。
c0114387_9294325.jpg


Panadero Take Away
Hilton Buenos Aires内
Macacha Guemes 357 (プエルト・マデーロ地区)
Hilton Buenos Airesの公式サイトはこちら

追記:ヒルトンの1階では、これまたお友達から教えてもらったおいしいビュッフェ式ランチが食べられるレストラン「El Faro」(エル・ファーロ)もあります。パスタに肉料理、新鮮なシーフードもあって大満足!

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-06-10 09:42 | パティセリー

ガーリッシュな喫茶店

★残念ながら、こちらで紹介した「Nina」は閉店しました。(2009年9月)

c0114387_10464295.jpg日に日に新しいマンションや店舗の建設・改築が進むパレルモ・ハリウッド地区に、こんな可愛らしいカフェを見つけました。その名も「Nina」(ニーナ)。4月中旬現在、周囲を工事現場に囲まれた騒々しい環境の中で、ポツンと小さなたたずまいが目立ちます。

c0114387_10521047.jpg中に入ると間もなく、メルヘンチックな雰囲気に吸い込まれます。白を基調としたインテリアに、壁の棚にはMy Little Ponyや、ひと昔前に流行ったトロール人形などが無造作に置いてあって、まるで女の子のお部屋に遊びに来たみたい。また、各テーブルの上には、マリリン・モンロー、アル・パチーノ、ロバート・デニーロなどの写真がフレームに入って飾ってあります。

c0114387_11191988.jpgカフェのカップ&ソーサーも、ワッフルやベーグルがのせられたお皿も、昔懐かしいアンティークなデザイン。焼きたてのワッフルは、見かけこそ普通ですが、ふちはパリパリ、中はふんわりしていておいしい。本当はドゥルセ・デ・レチェと一緒にサーヴされるらしいのですが、私は温かいチョコレートソースにしてもらいました。

c0114387_1125669.jpg奥にあるカウンターの右上に掲げてある黒板には「Lleva Nina a tu casa」(Ninaをあなたのうちに連れてって)と書いてあります。つまり、Nina名物の手作りクッキー&マフィンたちをお持ち帰りしてください、ということ。いかにもホームメイドという感じの大きなクッキーは甘さ控えめで、チョコチップ入り、ジャム付きなどいくつかの種類があります。

お店の雰囲気からスイーツまで、全てのものから手作りの温かさが伝わって来る喫茶店。冬の寒い日にここでホットココアを飲みたいな〜、と思ってしまいました。

Nina
Humbolt 1732 (パレルモ・ハリウッド地区/Honduras通りとEl Salvador通りの間)
Tel. 4899-1800

[PR]
by precious31 | 2007-04-17 11:42 | カフェ