タグ:インテリア ( 4 ) タグの人気記事

素敵な女性が作る、素敵な香りの世界 [Roses are Roses]

c0114387_5224620.jpgバニラの香りが好きなので、アロマグッズを扱うお店を見つけると、必ずバニラのキャンドルを探します。でも、一言でバニラと言っても、メーカーによって香りはまちまち。アルゼンチン産のもので自分が納得できるバニラキャンドルに巡り会うのは至難の業ですが、「Roses are Roses」(ローズィズ・アー・ローズィズ)の「スパイシー・バニラ」は私のお気に入りのひとつです。ここでは他に、ワイルドフィグ、ヴァーベナ&バジル、ネクタリン、フレンチガーデン、ジンジャー&バーガモントといった香りの製品も扱っています。
c0114387_539657.jpg「Roses are Roses」は、アルゼンチンの有名なモデル兼女優がプロデュースしているブランドです。でも彼女は、あえてブランドの顔になろうとはせず、表には出てきません。彼女は、子供の頃にフランス人であるお祖母様から教わったという花々やハーブの香りをそのまま製品にして、いつかは自分のブランドを出したいと学生時代から切望していたのだそう。そして50代になった今、自分のセンスで厳選した香料をフランスから取り寄せて、キャンドルやインセンスを作る他、バス&ボディケア用品、ベッドリネン、テーブルウェアなども扱う「Roses are Roses」を立ち上げて、長年の夢を実現させたのでした。
彼女の品の良い美しさは、例えばタッセル付きのハンドソープのボトルひとつにも表れています。今回、このブログで紹介したい旨を伝えたら、「私の写真ではなく、香りを感じてもらえるように製品の写真を載せて!」とお願いされました。有名人なのに気取ったところがなく、表に出ずにブランドイメージを守ろうとする謙虚さもまた美しい。そんな彼女の魅力が詰まった香りの世界は、本当に素敵です。

Roses are Roses
*支店:Paseo Alcorta ショッピングセンター2階
Figueroa Alcorta y Salguero
*本店:Las Palmas del Pilar ショッピングセンター内
Las Magnolias 754, Pilar
公式サイトはこちら

c0114387_6402857.jpg
追記:リネン類や雑貨もロマンチックなものばかり。←こちらは、旅行のときに下着を「洗濯済み」と「要洗濯」に分けておくことのできるとっても便利で可愛いポーチです♪

[PR]
by Precious31 | 2010-05-01 07:05 | バス&ボディ

手作り雑貨に凝る! [La Serine]

c0114387_2491083.jpg普段、スーパーでのお買い物の行き帰りに何気なく足を運ぶ一角に、素敵なインテリアのお店「La Serine」(ラ・セリーン)がオープンしました。リビングルーム、ベッドルーム、バスルームにキッチン&ダイニングという、暮らしのスペースにて使う様々な日用雑貨品が置いてあるのですが、そのほとんどが手作りです。
c0114387_2554170.jpgデザイナーのミラグロス・ペレイラ・ルセーナが作るオリジナル商品のテーマは「花」と「鳥」。クッションにベッドスプレッド、ティータオル、エプロン、テーブルクロスなどなど、どれもカラフルで可愛いものばかり!ヴィンテージの食器や家具、ハードカバーのノートなどもあって、見始めたら止まりません。「このあとスーパーに行くから寄り道してちゃいけないんだけど・・」という気持ちは、お店に入って10分後には消えてしまいます。

c0114387_3123389.jpgたっぷり寄り道した結果、円形のテーブルクロスと、鳥の刺繍入りティータオル(画像左)を買いました。テーブルクロスは、ダイニングのテーブルのために以前から探していたのですが、ここでレースのついた可愛いものが見つかって感激。ちょっとレトロな雰囲気のティータオルも、色違いで揃えたいほど素朴でステキです。手芸がお上手な方だったら、きっと簡単に作れるものだと思うのですが、私には到底できないこと。手作りの可愛い雑貨は、しばらくの間マイブームとなりそうです。

c0114387_3282618.jpgLa Serine
Cabello 3650, 1-F (Scalabrini Ortiz通りとUgarteche通りの間/ パレルモ地区 )
公式サイトはこちら

*いくつかのテナントが入ったアパルタメントの中のお店です。狭い廊下の真ん中にある階段を上り、2階の一番奥まで行くと入り口があります。ドアはいつも閉まっているので、右上にある呼び鈴を押して店員さんが開けてくれるまでお待ちくださいね。
[PR]
by precious31 | 2009-06-03 03:35 | ショップ

女性アーティストのパワー [PICNIC]

c0114387_6152562.jpgパレルモ・ハリウッド地区に、「PICNIC」(ピクニック)というファブリックのお店があります。女性アートディレクターのコティ・ラルギアとエウヘニア・トロンコーソがプロデュースするブランドで、2006年にオープンしました。
二人は、専門分野のインテリアデザインを駆使してビジネスを展開すべく、近年、欧米のモダンインテリアにすっかり定着した「estampa」(エスタンパ=版画)で柄付けされた生地に注目。自分たちで独自の柄をデザインし、オリジナルファブリックを製作しています。
c0114387_6283156.jpg力強くはっきりとした色使いは、ラテン女性の情熱の表れでしょうか。大胆なプリント生地は、モダンな空間はもちろん、昔のデザインにも意外と合っていて、アンティークのソファーに使われることもあるのだそう。c0114387_6385627.jpgシンプルなお部屋を飾るポップな柄のファブリックは、美しいアクセントになりますね。淡い色合いが好きな私も、小さめのスツールのようなものだったらこういうプリントもいいかな、と思ったり。

c0114387_6441836.gif
また、同じパターンでファブリック以外のオリジナル商品もあって、こちらはiPod用のスキン。iPhone用もあります。シートは嵩張らないので、ブエノスアイレスからのお土産にもいいですね。

生地だけの販売もしていて、同じ柄の壁紙も取り扱っているので、お部屋の大胆な模様替えを考えていらっしゃる方は、一度お店を覗いてみてはいかがでしょう。小さなスペースですが、ちょっと変わったデザインの面白いグッズも売っていますよ。

c0114387_6551590.jpg

PICNIC
Nicaragua 6080 (Dorrego通りとの角/パレルモ・ハリウッド地区)
公式サイトはこちら
Fotos: Cortesia de "PICNIC"- La republicación o redistribución de las imagenes queda expresamente prohibida.
[PR]
by precious31 | 2009-05-23 07:03 | インテリア

春が来ると行きたくなるインテリアのお店

アルゼンチンは今日から暦の上で春です。
ここでは春が来ると、ティーンの子たちが友達と集まって公園に出かけ、野外コンサートや特別なイベントを楽しむというのが習慣となっていますが、私の場合、春限定の美味しいものを食べること以外にも、この時期になるとどうしてものぞきに行きたくなるインテリアショップがあります。
c0114387_731296.jpgパレルモ・ソーホー地区にある「Milagros Deco」(ミラグロス・デコ)。女性デザイナーのミラグロス・レスタが展開するロマンチックなスペースです。ミラグロスはアルゼンチンにシャビーシック・スタイルを持ち込んだ先駆者で、倉庫で眠ったままになっていたアンティークやヴィンテージ家具を活かし、ガーリッシュなインテリアを作り出しています。
c0114387_7381150.jpgお店そのものは、本家シャビーシックに比べるとややカラフル過ぎる感がありますが、そこにあるものを利用して、自分なりの洗練されたインテリアに仕上げることができます。パステルカラーのベロアで生まれ変わったフランス製のアンティークの椅子や、花柄のベッドキルトにカーペット、花の形のランプやプルノブ(画像下・中央)などなど、毎日の生活を明るくしてくれそうな春らしい素材がたくさん。家具の他、食器や文具といったオリジナル小物もどれもプリンセステイストで可愛いものばかり。

大きな一軒家の壁を取り払ったオープンスペースのショップでは、インテリアのトータルコーディネートを始め、パーティーのデコレーションも承っています。今年は春の到来と同時に、春らしいクッションとランチョンマットを買おうかなと思案中です。
c0114387_853440.jpg

c0114387_11545052.jpgMilagros Deco
Gorriti 5417(Godoy Cruz通りの角/パレルモ・ソーホー地区)
Tel. 4899-0991

注:画像は、お店から定期的に送られて来るニュースレターのものを、許可を得たうえで使用しています。
[PR]
by precious31 | 2008-09-22 08:10 | ショップ