タグ:アルゼンチンのおみやげ ( 41 ) タグの人気記事

春の訪れとともに・・・ビオルラビオル新製品のご紹介 [Violraviol]

c0114387_2336253.jpg大寒波の影響で例年になく寒かった冬が終わり、春の足音が聞こえるブエノスアイレス。花が咲き乱れる季節の到来と同時に、「Violraviol」(ビオルラビオル)のセシリアより新製品のお知らせが届いたので、先日その先行販売のために彼女のアトリエを訪れ、早速お買い物してきました。
こちら←はアルゼンチンで昔作られていたという国産の上質のオイルクロスを使ったショッピングバッグ。とにかくたくさん入るうえ持ち易い。イエロー、グリーン、パープルの3色展開で、私は自分用にパープルを選び、あとは日本の家族へのギフト用に購入。
c0114387_0205443.jpgこちら→は花柄とギンガムチェックの組み合わせが可愛らしい56cm四方のテーブルマット。ランチョンマットよりは大きめなので、2人でちょっとお茶するときなどにぴったり。ピクニック用のお弁当を包む風呂敷代わりにしても良さそうです。うちではこうしてマテ茶を飲むときに活用するつもり。
c0114387_1343262.jpgこれ←は新製品ではないのですが今回初めて購入。「Violraviol」のトレードマークであるチャンギート(カート)のイラストがついています。セシリアによると「mignon」(ミニョン=ミニサイズのバゲット)などのパンを入れておくための袋なんだそう。この間「Les Croquants」でもらったバッグも、エコバッグとしては持ち手が短いと思っていたら、なるほど、パン用の袋だったのでした。そういえばこちらでは、パン屋にパンを買いに行くときにバゲットを入れるための袋を持参する人が多く、買って来てそのまま入れて置いておけばOK。毎朝これを持ってミニョンを買いに行く習慣をつけるというのも、運動不足な私にはいいかも。
下の画像はテーブルセンター。たくさんの柄がありましたが、最近「オ ドゥラ デ メール」さんにて購入したピンクの鉄瓶に合わせ、春らしい同系色を選びました。これに桜餅でもあれば最高なんですが・・・ブエノスアイレスで桜餅を作っている方をどなたかご存知でしたら教えてください!
c0114387_2151695.jpg

Violraviol
Tel. 15-4079-0909
Mail: info@violraviol.com
*公式サイトはこちら
Violraviolの商品は以下のストアでお求めになることができます
*Cou Cou
Gurruchaga 1783(Costa Rica通りとEl Salvador通りの間 / パレルモ・ソーホー地区)
*Espacio Moebius
Bulnes 658(Valentin Gomez通りとCorrientes大通りの間 / アルマグロ地区)

[PR]
by precious31 | 2010-09-17 01:59 | ショップ

100%アルゼンチン産のキュートなバッグ [Julieta Sedler]

c0114387_9511449.jpg最近アルゼンチンのモデルたちの間では、「Julieta Sedler」(フリエタ・セドレル)のバッグが大人気です。c0114387_9591531.jpg
デザイナーのフリエタ(画像右)は、パレルモ大学で服飾デザイン科を専攻したあと、メイクアップアーティストとして仕事をしていましたが、もともとバッグが大好きだったこともあり、08年7月から自分の名前を掲げたオリジナルブランド「Julieta Sedler」を立ち上げました。
c0114387_106782.jpgアルゼンチン国産の牛革を使って作られるバッグは軟らかくて手触りも良く、そしてとっても軽い!結構大きめのものでも重たくないので、毎日の仕事や通学に使うバッグとして最適です。デザイン毎に女性の名前がつけられていて、例えば一番売れているというこちら→は「Donatella」(ドナテラ)。一見シンプルなのですが、中には美しい花柄の裏地。私も早速、ブラックのドナテラを購入しました。
c0114387_10171372.jpgでも、フリエタが「愛を込めて作っているのよ」と言うバッグはどのデザインも可愛くて、ひとつだけ選ぶなんて難しい。そこで、ソフトなスエード皮の「Concepcion」(コンセプシオン/画像左)も買ってしまいました。こちらも裏地にカラフルな布が使われていて、ポケットは内側に3つ、両側面に2つ、蓋にもフリンジ付きのものがひとつ。c0114387_10311564.jpg容量もなかなかのものです。気兼ねしないでどんどん日常使いできるお値段も魅力。たくさんあるデザインと色の中から、きっとあなたのお気に入りが見つかるはずですよ。

c0114387_10531595.jpg
Julieta Sedler
Malabia 1318 (Nicero Vega通りとCabrera通りの間 / パレルモ・ソーホー地区)
営業時間:月~金曜は14時から20時まで、土曜は11時から19時まで、日曜は休み
Tel. 4777-1235




↑はアトリエ兼店舗でしたが、街頭沿いに新店舗がオープンしました!
住所: Armenia 1886 (Costa Rica通りとNicaragua通りの間 / パレルモソーホー地区)
Tel. 4831-8189
営業時間:月~土 11時から20時まで


*公式サイトはこちら
[PR]
by precious31 | 2010-09-12 11:01 | ファッション

幸せのマロンクリーム [VASALISSA]

c0114387_10244912.jpg今、アルゼンチンは秋。この季節になると、私は無性に栗のお菓子が食べたくなります。ところがこちらでは、ケーキ屋さんにモンブランもなく、自分で渋皮煮を作ろうとスーパーで買った栗の半分以上が虫食いだったりして、栗に飢えた非常事態に陥っておりました。その昔、信州に住んでいた頃に味わった小布施堂の栗鹿ノ子や、いつもこちらのブログを読んでくださる方が以前「パリからのお土産」としてくださった「Crement Faugier」(クレマン・フォジエ)のマロンクリームが恋しくてたまりません。そんなときに巡り合ったのがこちら、「VASALISSA」(バサリッサ)のクレーム・ド・マロンです。

c0114387_11564160.jpgクレーム・ド・マロンは、栗本来の美味しさにバニラ風味が加わったもの。バニラシロップが苦手な方には甘過ぎるかもしれませんが、スターバックスでバニラ・ラテをオーダーするときにシロップを2ショット追加してもらうほどバニラ好きな私にとっては大満足の一品です。
これに生クリームを混ぜてカップケーキにトッピングすれば「なんちゃってモンブラン」が作れる!と思ったものの、モンブラン用の絞り口がない・・・。モンブラン自体見かけることのないブエノスアイレスで、果たして絞り口は手に入るのでしょうか?

c0114387_12415913.jpg
VASALISSA
*ベルグラーノ支店: Vuelta de Obligado 1812
電話:4784-0748
*レコレータ支店: Callao 1940
電話:4806-4158
公式サイトはこちら

[追記]↑こちらはいかにもVASALISSAらしいキュートでエレガントなイースターエッグ。
そもそも先週、これを買いに行ったときにマロンクリームも見つけたのでした。
VASALISSAでは近々、自家製のドゥルセ・デ・レチェも販売になるそうです。楽しみですね!

[PR]
by precious31 | 2010-04-07 13:03 | スイーツ

祝!お気に入りショップが近所にオープン [TINTHA]

c0114387_263674.jpg今はメールを使って気軽にeカードを送ることの出来る時代ですが、紙製の美しいカードを郵便で受け取ることはやはり格別の喜びがあります。なので私も、ホリデーシーズンには親しい人にカードを送っていますが、毎年ぎりぎりになってから思い出す始末。きれいなカードを選びにパレルモ・ソーホー地区に行きたいと思っていても、なかなかゆっくりお買い物できる時間もなくて困っていたところ、嬉しいニュースが舞い込んで来ました。以前も紹介したことのあるステイショナリー「TINTHA」(ティンタ)の支店が、うちのすぐそばにオープンすることになったのです♪
c0114387_2122698.jpg
お買い物のついでに立ち寄れるお店が増えてくれるのは、本当にありがたいこと。同じブロックには、いつもお世話になっている雑貨屋さん「La Serine」(ラ・セリーン)もあるので、ますます寄り道の時間が長くなってしまいそうです!

TINTHA
12/3 New Open!:Cabello 3697 (Ugarteche通りの角 / パレルモ地区)
*Costa Rica 4902 (Thames通りの角/パレルモ・ソーホー地区)
電話:4834-6938


「番外編ハワイ」は完結間近!興味がおありの方はぜひお立ち寄りくださいませ♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-12-02 02:31 | ショップ

ドゥルセ・デ・レチェとホワイトチョコレートの甘い関係 [Exquisita sabor Dulce de Leche]

c0114387_9123722.jpg先日ブラウニーミックスについて書きましたが、今回は「ドゥルセ・デ・レチェ」フレーバーのスポンジケーキミックスをご紹介します。私は特にドゥルセ・デ・レチェが大好物というわけではないので、実はこの商品も最近まで使ったことはなかったのですが、ある日、チョコレートフレーバーを買おうとしたら品切れ。そこでこれを代用として買ってみて、
c0114387_925214.jpg試しにカップケーキにしてみたところなかなか美味しかったので、以来、ブラウニーミックスと共に常備しています。ドゥルセ・デ・レチェらしい、キャラメルの甘い香りがなんとも言えません。フロスティングは何がいいかしらと考えて、今年の1月に訪れたパタゴニアの牧場でいただいたドゥルセ・デ・レチェとホワイトチョコレートのアイスクリームのことを思い出し、ホワイトチョコクリームをのせてみました。
ドゥルセ・デ・レチェとホワイトチョコって、本当に良く合っていると思います。ケーキミックスを使ってクッキーを作ることもできるので、今度はホワイトチョコチップ入りのドゥルセ・デ・レチェクッキーに挑戦してみることにします!

Exquisita sabor Dulce de Leche
★スーパーやグローサリーにてお買い求めになれます。

★しばらくお休みしていた「番外編ハワイ」も、ようやく更新しました。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-09-09 09:40 | 生活情報

新製品のお知らせ [Violraviol]

c0114387_2312870.jpg以前紹介した「Violraviol」(ビオルラビオル)のオーナー兼デザイナーのセシリアから、新しいエプロンのお知らせが届きました。左の画像は前と同じデザインのバリエーション。c0114387_234324.jpg
右の画像は、ヴィンテージ・ファブリックを使った新しいデザインのエプロンです。デッドストックで10mずつしか入手できなかったそうで、つまりは「限定品」。ちょっぴりレトロな柄がステキですね~。
また、8月9日の「Dia del Niño」(こどもの日)に合わせて、女児用のエプロン(画像下)も作られました。4~8才くらいの子が対象のサイズで、デザインは大人のものと全く同じなのでとってもキュート(モデルはセシリアの姪っ子です♪)。
c0114387_244779.jpg
問屋街にて大量のファブリックとアンティークボタンを仕入れてきたセシリアは、現在、ティータオルやナプキンを作ろうと考案中なのだそう。キッチン用品がお好きな方、どうぞお楽しみに!

★Violraviolの商品は雑貨屋「Cou Cou」でお買い求めになれます
Cou Cou
Thames 1437 (パレルモ・ソーホー地区)

★Cou Couの店舗が引越しました!
新しい住所はこちらです。
gurruchaga 1783(Costa Rica通りとEl Salvador通りの間)


追記:パレルモとベルグラーノ地区にお住まいの方でしたら、セシリアから直接購入することも可能です。メールにてご希望の品を伝えれば、彼女が直接届けてくれますよ。
セシリアのメールアドレス:info@violraviol.com


★ますます好評(??)「番外編ハワイ」も随時更新中です。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by Precious31 | 2009-08-20 02:57 | ショップ

手軽で美味しいブラウニーミックス [Exquisita BROWNIES]

c0114387_5321020.jpg先日のハワイ旅行中、Williams Sonomaにてブラウニー用のパンを2種購入しました。ひとつは板チョコレート型、もうひとつはOleoみたいなチョコクッキー型です。c0114387_5334754.jpgブラウニーって、シンプルにカットされているだけで良いものなんですが、娘たちも、その友達たちも大好きなお菓子なので、たまには形を変えて作りたいと思っていました。両方ともスイスで開発された特殊加工金属「Goldtouch」で作られていて、熱が均等に行き渡り、生地がくっつかないという優れもの。早速これらを使ってブラウニーを作ろう!と思ったついでに、前々から気になっていた市販のブラウニーミックスを試してみることにしました。
c0114387_5464822.jpg市販のミックスを利用するのはスポンジケーキだけにしようと心がけていた私でしたが、忙しい中、手軽に作れるに越したことはないと開き直り、「Exquisita」(エスキシータ)というブランドから出ているブラウニーミックスを使うことに。卵2つ、バター65~70グラムを混ぜ入れて焼くだけという、手間要らずでとっても簡単なものです。お味の方もなかなか良くて、外はさっくり、中はチュウイーな食感もばっちり。もしかしたら、自分で作るブラウニーより好きかも!市販のミックスだからといって、侮ってはいけないことがよ~くわかりました。

Exquisita Brownies
★スーパーやグローサリーにてお買い求めになれます。

★好評(?)「番外編ハワイ」も随時更新中です。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by Precious31 | 2009-08-18 06:06 | 生活情報

オーダーメイドクッキーをギフトにしてみませんか? [FARINETAS]

私が大好きな街ニューヨークのチェルシー地区に、「Eleni's」という可愛いクッキー屋さんがあります。こういうクッキーがブエノスアイレスにもあったらいいのに・・・とず~っと望んでいたら、ついに願いが叶いました。
c0114387_6304914.jpg
「FARINETAS」(ファリネタス)は、モンセ・カプデビラとナティ・ロペスの2人の女性がプロデュースする、オーダーメイドクッキーのお店です。アイシングできれいにデコレーションされたクッキーは、単なるクッキーではありません。長さ10cmと大きめで、ひとつひとつラッピングされていて、パーティーに来てくれたゲストの皆さんへのスーベニアにしたり、箱いっぱいに詰めてケーキの代わりにプレゼントしたりするための、特別なクッキーなのです。

c0114387_6221013.jpgモンセとナティは、まずあなたがどのようなクッキーを求めているのか聞いてくれます。私はブエノスアイレスのお土産になるようなデザインをリクエストしました。「Yo053.gifBA」(=I love Buenos Aires)と書かれたTシャツに、この街の象徴でもある黄色の屋根と黒いボディのタクシー、それから、サッカーのアルゼンチン代表チームのユニフォームに身を包んだテディたち。なかなか可愛らしいでしょう?
c0114387_6403192.jpg
他にもウェディング、赤ちゃんのお誕生祝い、父の日、母の日にも対応するいろんなデザインがあり、クッキーの表面に写真をプリントすることもできます。最近では、会社のロゴを入れるオーダーが多いらしく、イベント時の一風変わったプレゼントとして人気があるのだとか。可愛いだけでなく、タマゴとバターをたっぷり使ったとても美味しいクッキー、これでもう、ニューヨークの「Eleni's」を恋しがることはなくなりました♪
c0114387_6503749.jpg

FARINETAS
電話:ナティ 15-5151-3520
モンセ 15-5332-3788
Email: galletitas@farinetas.com
公式サイトはこちら

追記:注文にはメールをオススメします。英語でもOKで、モンセとナティがとても迅速に丁寧に応対してくれるので安心。クッキーは20個からのオーダーとなります。
[PR]
by precious31 | 2009-07-11 06:58 | スイーツ

いい香りのジェルでウィルス予防 [VZ Bath & Body]

c0114387_1217121.jpg今、アルゼンチンで最も売れているものといえば、アルコールジェルでしょう。新型インフルエンザの感染を防ぐために大切な手洗い。ジェル状になった速乾性のアルコール剤を使えば、どこにいても手軽に手を消毒することができます。ところが、新型インフルエンザの蔓延に伴って大勢の人が一斉に買い求めたせいで、スーパーや薬局では売り切れ続出。細々とジェルの生産に当たっていた町工場も、以前は1ヶ月に3000個売れれば良いというペースだったのが、6月に入ってから6万個のストックが完売したそうで、現在は生産が需要に追いつかないとか。
あちこちのスーパーや薬局で売り切れているアルコールジェルですが、私はバス&ボディ用品のショップで購入しました。以前紹介したことのある「VZ Bath & Body」というお店です。
アルコールジェルというと、無色&無香料のものがほとんどですが、カラーセラピーやアロマセラピーに力を入れる「VZ」のジェルは、カラフルでいい香り。グリーンの「Verbena」(バーベナの花)、ブルーの「Oceanic」(スプラッシュマリン)、ピンクの「Watermelon」(スイカ)、オレンジの「Peach」(ピーチ)という4種類の展開。色ではピンクが好きな私ですが、スイカの香りだけはどうしても好きになれないので、「Peach」を買いました。アルコールだけどピーチのいい香りがして、これなら小さな子供たちも喜んで使えそうですし、消毒剤らしからぬクリアチューブに入っているところもいいです。
新型インフルエンザに関しては、騒ぎすぎるのも良くないし、過小評価をしてもいけません。一人一人が感染を防ぐことを自覚し、社会人として責任ある行動を取りたいものですね。
c0114387_12302074.jpg
Foto via "VZ"

「VZ」のショップは、ブエノスアイレスだけでなく、アルゼンチン国内の主要ショッピングモールに入っています。店舗の所在地については公式サイト のインデックスにある「Locales」でご確認ください。
[PR]
by precious31 | 2009-07-08 12:56 | 生活情報

隣国ウルグアイの万能薬 [Dr. Selby]

どこの国にも、代々伝わる処方をもとに作られて、昔から現在に至るまでたくさんの人が愛用し続けている薬というものがあると思います。日本だったら正露丸やオロナイン軟膏などがその代表で、龍角散などは200年もの歴史があるとか。こういう「昔ながらの万能薬」って、比較的刺激が少なくて、どことなく「身体に優しい薬」という印象を与えてくれませんか。
アルゼンチンでも、歴史のある万能薬が使われています。とはいえ、原産はお隣の国ウルグアイ。人口330万人の小さな国が世界に誇るその万能薬といえばこれ、「Dr. Selby」(ドクトール・セルビー)です。
c0114387_210569.jpg

Dr. Selbyとはご覧の通りの膏薬で、すり傷、切り傷、軽い火傷、皮膚荒れ・かぶれなどに良く効きます。私の場合、冬の寒い時期に手の甲が赤くなるほど荒れてしまったら、就寝前にDr. Selbyを塗って翌朝までに治します。オロナイン軟膏と比べるとやや重たい感じのクリームなので、少量をつけてゆっくり丹念にすり込む必要がありますが、それだけに効果はなかなかのもの。チューブのアンティークグリーンは大好きな色なので、ますます愛着を感じてしまう私。これから7~8月にかけてますます寒くなるブエノスアイレスで、バッグの中に欠かせない必需品のひとつです。

c0114387_2243572.jpg*Dr. Selbyには「Crema Curativa」(クレマ・クラティーバ=軟膏)と「Gotas Nasales」(ゴタス・ナサーレス=点鼻薬)の2種の薬があり、ここで紹介しているのは軟膏の方です。ウルグアイ国内の薬局では確実にお求めになれますが、アルゼンチンでも取り扱っている場合がありますので、直接薬局にお問い合わせください。また、お肌に合わない方もいるので、初めてお使いになる際は通常の塗り薬と同様、少量でお試しくださいね。
[PR]
by precious31 | 2009-06-28 02:46 | 生活情報