カフェで楽しむお食事とお買い物 [El Ultimo Beso]

パレルモ・ソーホー地区には、古い家屋を改装して造られたお店やカフェが点在しています。外観だけを残し、中は壁を取り払って広いスペースにする店舗が多い中、若者たちに人気のカフェ「El Ultimo Beso」(エル・ウルティモ・ベソ=ラストキッス)は部屋の仕切りをそのまま利用。シャビーシックな内装も手伝って、ノスタルジックでロマンチックな雰囲気を醸し出しています。
c0114387_1142043.jpg
c0114387_1281039.jpgお店の奥にあるパティオ(↑画像)は、噴水の音と薔薇の花の美しさが作り上げる癒しの空間。ディナー時にはキャンドルの灯火でムードが高まります。サーヴウェアの大半はオーナーが集めたヴィンテージで、お皿もグラスもひとつひとつが異なっているのですが、そのミスマッチがシャビーシックスタイルの良いところ。
c0114387_231332.jpgシェフのホセ・ルイス・コスタンティーニがプロデュースするお食事は、「ボリュームで勝負!」というレストランが多いアルゼンチンでは珍しく、量が控えめなので女性向き。野菜はオーナー所有の農場でオーガニック栽培されたものを使用していて、とても新鮮です。

c0114387_215262.jpg また、ヴィンテージ雑貨とオリジナルデザインの服を扱っているので、カフェのあとでお買い物が楽しめるのも魅力。アンティークのカップ&ソーサーやティーポット、ヴィンテージのワイングラスなどなど、どれもこれも可愛くて、行く度にどうしても「物欲」に負ける私。美味しいお食事にヴィンテージ雑貨という、まさに女性が喜びそうな組み合わせをシャビーシックなカフェにまとめるとは、見事な発想ですね。

c0114387_2265510.jpg
El Ultimo Beso
Nicaragua 4880(パレルモ・ソーホー地区)
電話:4832-7711
公式サイトはこちら
*カフェのメニューはこちらの「Ver Menu」からご覧くださいc0114387_8291552.jpg



追記:お茶やお食事をしなくても、雑貨屋とブティックだけを見に入ることはできますので、可愛い小物がお好きな方は気軽に立ち寄ってみてくださいね。
[PR]
# by precious31 | 2009-02-27 02:55 | レストラン

白熱するバレンタイン商戦 [Compañia de Chocolates]

c0114387_1114581.jpg今日はバレンタインデー。アルゼンチンでも近年になって「Dia de los Enamorados」(恋する人たちの日)として定着し、年々、特別なお祝いをしようとするカップル向けに様々な「商品」が提供されるようになりました。国内の有力紙「La Nacion」の記事によると、今年はオシャレなホテルの宿泊プランや、レストランの特別メニューなど、バレンタイン用に作られた企画が大成功をおさめて、どこも予約が殺到したという話。「不況を嘲笑うかのようなバレンタイン商戦」として、新聞では大きく取り上げられていました。c0114387_11454365.jpg人気のチョコレート屋さんでは何処も、お決まりのハート形のチョコがショーウィンドウを飾っているので目移りしてしまいますが、今年のバレンタインで我が家の「主役」に選ばれたハートは、これ。以前このブログでも紹介したことのある「Compañia de Chocolates」(コンパニア・デ・チョコラテス=チョコレート・カンパニー)のチョコレートです。チャイニーズ・フード用の入れ物のような、その名もまさに「チャイナ・ボックス」という箱にいっぱい、シマーに色付けされたミルクチョコとホワイトチョコのハートが詰められています。ミルクチョコのフィリングはコーヒーガナッシュ、ホワイトチョコはドゥルセ・デ・レチェ、と、ここまでは普通のチョコと変わりないのですが、私が気に入ったのはピンクとパープルのコーティング。ピンクはラズベリー、パープルはカシスの味がして、口に放り込んだ瞬間、まるでフルーツキャンディーを食べたかのような感触なのです。
アルゼンチンでは一昔前まで、チョコレートというとオーソドックスなボンボンしかありませんでしたが、最近、オリジナリティ溢れるものが増えて来て嬉しい限り。バレンタイン商戦の恩恵を受けて、ますます良質で美味しいチョコが作られるのも良いことだと思います。というわけで、今年のバレンタインは行きつけの「VASALISSA」(バサリッサ)から浮気してしまいました。許して〜!

Compañia de Chocolates
住所: Beruti 4634 (Godoy Cruz通りから半ブロックのところにあります)
電話: 4776-4614
公式サイトはこちら

c0114387_1334527.jpg追記:いつもこのブログをご覧になってくださる知り合いの方から、「VASALISSAのハート型チョコはどのようなものだったのでしょう」というお問い合わせがありました。バレンタイン用には購入しませんでしたが、後日ちゃっかり買って食べましたので(笑)、画像をアップしますね。お味は、ピンクの包み紙の方がラズベリー、グリーンの方がミント(私のお気に入り♪)となってます。
[PR]
# by precious31 | 2009-02-14 23:35 | スイーツ

お気に入りのアンティークを探して

c0114387_1045411.jpg 私がアンティークやヴィンテージの物に興味を持つようになったのは、今から十数年前。義母の家で、夫の古い写真を整理したのがきっかけでした。
優しい色合いがステキなこの写真は、おそらく夫が1歳前後の頃のもの。こんなに可愛らしくて貴重なものなのに、物置小屋の箱の中に無造作に放り込まれてあった写真たち。そこで、義母の許可を得て何枚か持ち帰り、写真が映える古いフレームを探して飾ろうと思い立ったのです。
c0114387_113518.jpg そもそもアルゼンチンは、ヨーロッパ各国からの移民によって築かれた国で、知られざるアンティークの宝庫。「Mercadolibre」(メルカードリブレ)というネットオークションのサイトで掘り出し物をチェックしたり、サンテルモの骨董市をのぞきに行くと、なかなか良い物が見つかります。大好きなピンクガラスで作られた切子のショットグラスはMercadolibreで発見。これで食後にリモンチェッロなどをいただくとなぜかより美味しく感じられます。c0114387_11134437.jpg
ずっと探し求めていて、ある日偶然サンテルモの市で見つけたのがこちらのチーズドーム。本来はチーズを保管しておくためのケースですが、我が家では育ち盛りの次女のおやつのために、「おにぎり入れ」として大活躍しています(笑)。いずれも、いつのものか、どこのものかはわかりませんが、直感で気に入ったものを買って、普段の生活の中で惜しまずに使えることが目的なので、あまり気にしません。
また、古い家具を安価で買い取って、シャビーなスタイルに変身させるのも好きです。左下の引き出し付きのチェイスロングは、もともと本体が茶色だったのを自分でペイントして、右下のシャンデリアには、所々に薄〜いピンクのクリスタルを加えてみました。こうやって思い切っていろいろと(めちゃくちゃに?)手を加えられるのも、アンティークやヴィンテージ物の楽しさの1つではないでしょうか。
c0114387_11451577.jpg

ところで、アンティークを見るきっかけを作ってくれた夫の幼い頃の写真たちなのですが、肝心のフレームは、実はまだ「これ!」といったものが見つかっていません。骨董市などに出かけると、決まって必ず、探しているものとは全く別のものに目が行ってしまうからなのです(よくあること・・・ですよね?)。夫は「現行品のフレームに入れてもいいんじゃない?」と言うのですが、今更妥協はできません。イメージにぴったりのフレームが見つかるまで、じっくり探し続けたいと思います。
[PR]
# by precious31 | 2009-02-12 11:56 | アンティーク

チョコレート屋さんのホットココア [VASALISSA]

c0114387_237452.jpgチョコ好きな私をいつも大満足させてくれる本格派ショコラティエ 「VASALISSA」(バサリッサ) 。郊外マルティネス地区の本店とレコレータ地区の支店に続いて、昨年、ベルグラーノ地区にもお店ができました。チョコフリークな人がここのローズトリュフとシャンパントリュフを一度でも食べたなら、きっと毎日でも通いたくなるはず。私もVASALISSAのおかげで、世界的にメジャーなショコラティエのチョコレートを恋しく思うことはありません。
c0114387_2574469.jpgトリュフだけでなく、ここの良質のホットココアも大好きです。フレーバーは、トラディショナルなミルクチョコ(Chocolate caliente tradicional=画像左)、ピリリとペペロンチーノ風味のするメキシカンチョコ(Chocolate caliente con pepperonchino)、苦みが美味しいビターチョコ(Chocolate caliente extra amargo)、そして私のお気に入りのチョコレートミント(Chocolate caliente con menta=画像右)の4種類。円筒形の箱も可愛くて、ミルクチョコの箱には艶が美しいパールペーパー、チョコレートミントにはミント味にちなんでキャンディーケインのカラーが使われているところがなかなか粋ではありませんか。きめ細やかなココアパウダーを温かいミルクに溶かしていると、もうそれだけで心はワクワク・・・そんな気持ちがわかっていただけるチョコレート好きな方に、ぜひどうぞ。

c0114387_3374397.jpgVASALISSA
*ベルグラーノ支店: Vuelta de Obligado 1812
電話:4784-0748
*レコレータ支店: Callao 1940
電話:4806-4158
公式サイトはこちら

*追記:ホットココアは夏場12月〜1月は店頭にありませんが、店員さんにお願いして取り寄せてもらうことが可能です。
[PR]
# by precious31 | 2009-02-06 04:30 | スイーツ

クリスティーナ牧場でパタゴニアを満喫! Part 3

美味しい食事の紹介のあとは、「Estancia Cristina」(エスタンシア・クリスティーナ=クリスティーナ牧場)での過ごし方についてお話しましょう。
c0114387_11564049.jpg
とにかく広〜い牧場は、Part 1で紹介した通り、氷河、渓谷、滝、川、湖といった「自然の芸術」の宝庫。日帰りツアーではこれらの景色を堪能するハイキングができ、宿泊すれば帰りの船の時間に制限されることもないので、山の上から壮大な氷河を上から眺めたり、たくさんの化石が埋もれている渓谷を歩いたりできます。c0114387_12164169.jpg また、敷地内を馬に乗って散策するプログラムもあります。乗馬のために貸してもらえるモスグリーンのヘルメットと革製のチャップスはとても上品でお洒落。c0114387_1231390.jpg
この出立ちで大自然の中を闊歩するのですが、途中、水面が馬のお腹の辺りまで届く川を渡ったり、道になっていない山中のトレイルを通ったりと、かなりワイルド。でも、山の上に氷河が見える環境で馬に乗るなんて、なかなかできることではありません。(↓画像の左上に見える山の間の白い部分が氷河です)
c0114387_1245697.jpg
c0114387_1243268.jpg宿泊用のコテージは、1室につき3名まで泊まれるほどゆったり。インテリアにはアンティークやヴィンテージの家具&小物が随所に取り入れられ、デスクにも古いミシン台が使われていました。コテージの数は3軒のみ、全部で12部屋しかないのは、訪問客の一人一人を心からもてなしたいという管理会社の温かいホスピタリティの証です。
トレッキングにハイキング、バードウォッチング、乗馬に釣りまで楽しめるクリスティーナ牧場ですが、あえてアクティヴィティには参加せず、美味しいものをいただいて、自然の中でゆっくり過ごすのもいいかもしれません。
働いているガイドや従業員たちは、パタゴニアに魅了されて各地からやって来た若者ばかり。皆、牧場に住み込みで働いているのですが、言葉に表現し難いほど美しい大自然の中で生活していると、都会に帰りたいとは思わないそうです。街中でなければ暮らせない私でも、彼らのそんな思いが理解できるような気がする。それがパタゴニアの魅力であり、クリスティーナ牧場はその魅力の集大成と言えるでしょう。
c0114387_126414.jpg

Estancia Cristina
9 de Julio 69, El Calafate
Pcia. de Santa Cruz, Argentina
電話:(02902)491-133
公式サイトはこちら
[PR]
# by precious31 | 2009-01-27 12:34 | 観光

クリスティーナ牧場でパタゴニアを満喫! Part 2

「Estancia Cristina」(エスタンシア・クリスティーナ=クリスティーナ牧場)の素晴らしいところは、言葉に表現できないほど雄大なその景色だけではありません。
何はさておき、食事。読んでくださる皆さんに今すぐにでもお味見していただきたいくらい、全てのものがとってもとっても美味しいのです。
c0114387_1375823.jpg
まずはランチメニューを紹介しましょう。アサード(アルゼンチン式バーベキュー)で焼かれたパタゴニア名物のラム肉(↑画像左)は、クセが全くありません。骨の付いた部分を手でつかんで豪快に食べられます。ラム肉が苦手という人でも食べられる美味しさですが、どうしても・・・という人のために牛肉も用意されていて、どちらも食べ放題。新鮮なレタスがたっぷり入ったグリーンサラダはもちろん、アサードされた野菜(画像中央)も美味。これも食べたいだけ食べられるので、我が家は6人で野菜類を3度もおかわりしてしまいました。デザートのプリン(画像右)には自家製ドゥルセ・デ・レチェが添えられていて、これがまたトフィーの芳ばしさ引き立つ感動の味。ワインも飲み放題ということで、このランチだけでも、牧場に来た甲斐があるというものです。
c0114387_1544496.jpg
宿泊すると、午後のティータイムを楽しむこともできます。牧場の方から「お茶ですよ〜」のお誘いをいただいて敷地内のオクタゴンハウスに行ってみると、テーブルには手作りの焼き菓子(↑画像左)に、ハム&チーズの盛り合わせ(画像右)。カフェ・コン・レチェ(スペイン語でカフェオレの意)の前に、ハムとチーズと一緒にスパークリングワインをいただくこともできるのですが、どれも本当に美味しい。生ハムと、Bondiola(ボンディオラ)という豚肩ロースのハムもあり、ティータイムには甘い物しか食べられないと言っていた夫も、いつの間にかハムとチーズを平らげていました。
c0114387_2235416.jpgディナーはアラカルトで、メニューの中から肉や魚、パスタなどを選ぶことができます。私たちが泊まった夜は、デザートにシェフ手作りのドゥルセ・デ・レチェのアイスクリームをいただきました。ホワイトチョコ&ラズベリーソースのトッピングという、ドゥルセ・デ・レチェとは意外な組み合わせが絶妙でした。
恐れていた通り(?)、食べ物の話題だけでずいぶん長くなってしまったので、Part 3に続きます!

Estancia Cristina
9 de Julio 69, El Calafate
Pcia. de Santa Cruz, Argentina
電話:(02902)491-133
公式サイトはこちら
[PR]
# by precious31 | 2009-01-26 01:19 | 観光

クリスティーナ牧場でパタゴニアを満喫! Part 1

今回は、パタゴニア地方にある、私が大・大・大好きな牧場を紹介します。
アルゼンチン国内には観光牧場というものが各所に多数あるのですが、ここだけは「別格中の別格」。昨年、仕事で数回訪れる機会に恵まれて、すっかりこの牧場の虜となった私は、この度、夏休みを利用して家族と一緒に行って来ました。
c0114387_2323985.jpg
ブエノスアイレスから南西に飛行機で約3時間のところに「El Calafate」(カラファテ)という町があります。パタゴニア地方にある氷河を見るために訪れる観光客の大半が宿泊のベースとする町なのですが、c0114387_1165755.jpgそのカラファテから船で2時間ほど、美しい流氷を眺めながら、まるで海のように大きな大きなアルヘンティーノ湖を渡って北上すると、そこに広大な牧場、「Estancia Cristina」(エスタンシア・クリスティーナ)があります。

c0114387_1205089.jpg敷地の面積は2万2千ヘクタール。なんとフロリダのディズニーワールドが丸々2つ入ってしまう大きさです!周りを囲む山々の間にはいくつもの氷河があって、溶けた水が川となり、滝となり、湖となって牧場内の風光明媚な環境を作り出しています。また、18億年前の地層がそのまま残されているので、大昔は海底に住んでいたアンモナイトや古代イカの化石が辺りにたくさん。かつては海の底だった場所に立って地球の長い歴史を感じていると、その一瞬の中に生きる自分の存在でさえも奇跡的・神秘的に思えてしまいます。
c0114387_1501383.jpg
四駆に乗って1時間ほど、森や岩場を越えて山を登って行くと、雄大なウプサラ氷河を展望できるポイントに。ウプサラ氷河は、パタゴニアの中でも最も後退が著しい氷河の1つです。クリスティーナ牧場のガイドたちは、後退を温暖化と即結びつけることはできないと慎重なスタンスを保っていますが、どんどん崩落して、ほんの20年間に7kmも後退したという話を聞くと、雪の結晶が集まって何百年とかけて作られた氷河が猛スピードで姿を消して行くことに切なさを感じないわけにはいきません。
c0114387_252066.jpg
このクリスティーナ牧場は大きな湖と氷河と高い山々に囲まれているので、氷床の上を歩いて来れる冒険家でない限り、辿り着く手段といえば船だけ。俗世から完全に隔離された大自然の中で、大昔の地球の名残と、後退を続ける氷河に象徴される「現在」を身体で感じることができる、そんな場所なのです。(Part 2に続く)

Estancia Cristina
9 de Julio 69, El Calafate
Pcia. de Santa Cruz, Argentina
電話:(02902)491-133
公式サイトはこちら

追記:クリスティーナ牧場に行くためには、カラファテ市内にある上記のオフィスで申し込みをします。日帰りツアーもありますが、牧場を堪能するためにはぜひ1泊することをオススメします!
[PR]
# by precious31 | 2009-01-25 02:20 | 観光

真夏のアルゼンチンより新年のご挨拶

c0114387_2285522.jpgいつもこのブログを訪問してくださる皆さま、遅ればせながらあけましておめでとうございます。

今、アルゼンチンは真夏。我が家も年末からバケーションで海辺のコテージに滞在し、ビーチで遊んだり森林浴を楽しんで、心身ともにリフレッシュ。日本から訪れた両親も一緒に、親子3代で過ごす楽しい夏休みとなりました。
c0114387_22161248.jpg私たちが滞在したのは、昨年と同じMar de las Pampas(マル・デ・ラス・パンパス)。海辺であり森の中でもあるというとても美しい避暑地ですが、ここで私の両親が驚いたのは松毬の大きさ。手の平サイズから、大きいものだと長さが20cmを越えるのもあるのです。この大きな松毬くんたちは、アサード(アルゼンチン式バーベキュー)の火種を作るのに最適なので、コテージの裏庭でたくさん集めました。

今年は個人的に、仕事面でとても忙しい年となります。でもブログはしっかり続けますので、皆さま、今年もどうぞよろしくお願い致します。
c0114387_22322176.jpg

[PR]
# by precious31 | 2009-01-15 21:14 | 観光

POPなデザートで楽しいティータイムを

c0114387_1154659.jpgパレルモ・ハリウッド地区に、とても可愛らしいパティセリーを見つけました。ブランドカラーやロゴだけでなく、ショーケースに並んでいるデザートまでもがとってもポップでキュートなこのお店の名前は「En El Nombre del Postre」(エン・エル・ノンブレ・デル・ポストレ=デザートの名に懸けて)。キリスト教徒が十字架のしるしのときに使う「父と子と聖霊の名のもとに」というお祈りの冒頭部分を捩ったもので、「デザートの名に懸けて、ティータイムを充実させるお菓子に真剣に取り組みます!」というオーナーのエルナンの意気込みが溢れるパティセリーです。c0114387_12221794.jpgお菓子はどれも手作りで、カラフルなだけでなく、デザインもなかなか凝っています。クッキーやマフィン、マカロンといったクラシックなものから、カップ入りのデザート、アイスキャンディーの形をしたムースのお菓子などなど、見ていて楽しいものばかり。c0114387_12272243.jpgエルナンは「自宅でティータイムを楽しむ人のために」と、これらのデザートを配達するサービスを提供している他、パーティー用スイーツのケータリングのオーダーも受け付けています。常備はしていませんが、注文があればバースデイケーキも作ってもらえるとのこと。また、オフィスで夜遅くまで働く人のために、月〜水曜日は午後2時から夜10時まで、木〜土曜日はなんと夜0時まで営業しています。仕事で疲れたあと、ここの可愛いデザートを家に持ち帰り、ゆっくりとティータイムを楽しんではいかがでしょうか。c0114387_12544361.jpg

En El Nombre del Postre
Soler 5547 (Fitz Roy通りとHumbolt通りの間/パレルモ・ハリウッド地区)
電話:4776-5273
公式サイトはこちら

*配達はベルグラーノ地区とパレルモ地区限定で、木〜土曜日の夜8時から11時半までです。


追記:一部の画像はエルナンの許可を得てお店のHPから転載しています。
[PR]
# by precious31 | 2008-12-28 13:07 | パティセリー

マテ茶の意外な効能

c0114387_12163356.jpg
アルゼンチンを始め、南米各国で愛飲されているお茶、マテ茶。そのマテ茶の葉の効能を利用したスキンケア製品があることをご存知でしたか?
ニューヨーク生まれの自然派化粧品ブランド「Kiehl's」(キールズ)の「Yerba Mate Tea」(イェルバ・マテ・ティー)ライン。マテ茶に含まれているビタミンや抗酸化物質を、お肌に直接つけて活用してしまおうという素晴らしいアイデア商品です。私はローション(画像左)を使っていますが、オイルフリーなうえに、キールズならではのポリシーから化学薬品を一切配合していないので、刺激もなく、しっとりと肌に馴染みます。

c0114387_12594065.jpgこの「Yerba Mate Tea」ラインは、ローションの他にもトナーとクレンザーがあり、3つ合わせて使うと更に効果が期待されるとのこと。マテ茶にミネラルやビタミンが豊富なことは知っていましたが、抗酸化作用があることは(恥ずかしながら)知りませんでした。トナー&ローションでお肌を整えて、毎日マテ茶を飲んでいれば、小ジワなんかコワくない?

Kiehl's
Armenia 1527 (Gorriti通りとHonduras通りの間/パレルモ・ソーホー地区)
電話:4831-7999

追記:最近、日本にも上陸を果たしたキールズ。ブエノスアイレスに支店ができたのも今年の4月のことです。このマテ茶ラインはアルゼンチンだけのものではありませんので、日本でもお買い求めになることが可能です。
*Kiehl's Japanー伊勢丹新宿店本館2階
[PR]
# by precious31 | 2008-12-24 13:15 | コスメ