[番外編: ハワイ Part 5] ワイアルアのソープ屋さん

★2009年7月中旬から8月初旬まで滞在したハワイにて見つけたお気に入りを紹介しています

c0114387_13394151.jpgノースショアのWaialua(ワイアルア)という町には、96年まで営業していたという古い砂糖工場の跡地があります。ここはアメリカの人気ドラマ「LOST」でロケに使われた土地としても有名で(私たちが行きたかった理由の50%はそれなんですが)、今は使われていないシュガーミルの建物が可愛いソープ屋さんになっていることでも知られています。ハレイワから西に向かって車で15分ほどのところにあり、到着すると入り口でこのラバーダッキーが笑顔で(?)迎えてくれます。c0114387_1355416.jpg

c0114387_1414236.jpgここ「North Shore Soap Factory」で作られているソープの材料は全てハワイで採取された天然の素材なので、身体にも地球にも優しいそう。バーソープの香りはプルメリア、マンゴー、パイナップル、ピカケなどなど全部で20種類ほど。ずらりと並んだソープを前に、「香りマニア」な長女は早速「自分へのおみやげ」を選び始めます。
c0114387_1445564.jpg彼女が選んだのはプルメリアとブラウンシュガー。ブラウンシュガーはかつてここワイアルアで作られていたお砂糖をイメージしたソープですが、香りはバニラです。
c0114387_149312.jpg他にもボディスクラブやリップバームなどなど、やはり天然素材で作られたボディケア製品があるのですが、私が一番気に入ったのは、ボディケア製品とは無関係なこれ、ハワイアン・ラバーダッキー。実は私、どこに行っても、ラバーダッキーを見るとお持ち帰りしないわけにはいかない性分・・・。というわけで、家族4人分、連れて帰って来ました。我が家のバスルームでハワイアンな雰囲気を醸し出してくれています(ホント?)。(続く)
[PR]
# by precious31 | 2001-08-19 13:31 | 観光

[番外編: ハワイ Part 4] ハレイワにも「パタゴニア」!

★2009年7月中旬から8月初旬まで滞在したハワイにて見つけたお気に入りを紹介しています

「パタゴニア」とはご存知のとおり、南米大陸の南緯41.5度から南に位置する、アルゼンチンとチリに跨った大地のこと。雄大な自然が残された美しい場所です。でも「パタゴニア」という名前をネットで捜索してみると、一番上に出てくるのはなんとアウトドア系ブランド「Patagonia」。それくらい有名なブランドで、ブエノスアイレスにもレコレータ地区に支店があります(住所はSuipacha 1178)。
c0114387_9501261.jpgさてこの「Patagonia」、ハレイワにもストアがあるのです。「アウトドア系=山」というイメージがあるので、サーファーの町に出店しているとは意外だったのですが、実際に立ち寄ってみてもっとビックリ。「Patagonia」というとスポーツウェアしか見たことがなかったのに、とってもきれいなワンピースにジャケットもあって、山だけでなく、マリンスポーツのためのウェアも揃っているのです。そして私たちが訪れたときはちょうどセール期間中。良いものをお得なお値段でゲットすることができました。
c0114387_9593350.jpg服以外には、こんなバッグを買いました。季節ごとにデザインが変わるというコットンバッグで、ビーチ用にぴったり。「Patagonia Haleiwa, Hawaii」というロゴがいいですね。他にも、ハワイの挨拶「アロハ」と「パタゴニア」を一緒にして「Pataloha」と書かれたバッグもありました。パタゴニアもポリネシアも、もともとは先住民たちが暮らしていた土地。「ハワイにPatagoniaなんて意外」と思っていましたが、つながりがあってもおかしくはありません。
そういえば、アルゼンチンの先住民マプーチェ族の「Lihue」(リウエ)という名前が、なんとハワイにもあるのですよ!・・・と書いているとどんどん話が逸れてしまって終わらないので、今回はこの辺で。(続く)
[PR]
# by precious31 | 2001-08-17 09:42 | 観光

[番外編: ハワイ Part 3] レトロな町ハレイワタウン

★2009年7月中旬から8月初旬まで滞在したハワイにて見つけたお気に入りを紹介しています

c0114387_625468.jpgノースショアには「Haleiwa」という小さな町があります(日本では「ハレイワ」と呼ばれますが、現地の人たちは皆「ハリ・イーヴァ」と発音していました)。冬の高波の時期になると、世界中から集まったサーファーたちでいっぱいになるという、ちょっとレトロな雰囲気の可愛らしい町です。このハレイワでは、ノースショアの名物と言われるガーリックシュリンプとシェイヴアイスを食べてみました。私は普段、観光先で名物と呼ばれている食べ物にはあまり興味を示さないのですが、ノースのガーリックシュリンプとシェイヴアイスに限っては、実は私が好きな某プロサーファーが太鼓判を押していたこともあって、ちょっと(かなり)食べてみたいと思っておりました。
c0114387_6311617.jpgガーリックシュリンプが食べられるところは、屋台(バン)スタイルであちこちに点在しています。私が行ったのはハレイワの西側入り口から比較的近くにある「Giovanni's」(ジョヴァンニズ)というお店。バンには世界中から訪れたお客さんによる落書き・・・いえ、寄せ書きが残されています。c0114387_6361232.jpg
さてガーリックシュリンプなんですが、ぷりぷりで新鮮なエビがとっても美味しい。ガーリックも遠慮なく入っていて、好きな人にはたまりません。ただ、ここのはちょっと味付けが塩辛い感じ。付け合せのライスがすぐになくなりました。
c0114387_6413144.jpg続いて目指したのは、シェイヴアイスで有名なお店「Matsumoto Shave Ice」。でも、ものすごい長蛇の列!真昼の炎天下でさすがに「かき氷」のために意地でも並ぶ気力はなかったので、諦めてお隣の「Aoki's Shave Ice」(→画像)に行きました。
c0114387_646615.jpg一番人気があるのは、7色のシロップがかかった「レインボーボウル」。かき氷を食べるのは久しぶりだったので、なんとなく懐かしい感じがして楽しめました。私たちがお店を出ると、ハーレーダヴィッドソンにまたがった中高年のバイクマニアな方々が大勢ご来店。おじさまたちが仲間たちと揃って嬉しそうにシェイヴアイスを食べる光景はなかなかみ応え(?)がありました。
[PR]
# by precious31 | 2001-08-15 00:00 | 観光

[番外編:ハワイ Part 2] ノースショアの美しい海

★2009年7月中旬から8月初旬まで滞在したハワイにて見つけたお気に入りを紹介しています

ハワイでは、まさにワイキキの中心部という位置にあるホテルに滞在していました。お買い物や食事には便利なのですが、海でゆっくり遊ぶのが好きな私たちは、あまり混み合っていないビーチが好き。そこで、レンタカーを借りてワイキキの喧騒を離れ、オアフ島内の他のビーチにも何度か足を運びました。
c0114387_5191450.jpg
ワイキキからパイナップル畑の間を通り、「安全運転」で約50分も走ると、ノースショア(北岸)に到着します。ここは冬になると10メートルもの高波が立つというサーフィンのメッカ。いくつものビーチがありますが、私たちが遊んだのはWaimea Beach Park(ワイメア・ビーチ・パーク)。ここには↑のような大きな岩があって、地元の子供たちが飛び込んで遊ぶことで知られています。高所が苦手な私なので、こういう光景は下から見ているだけでもコワイ・・・。
c0114387_5414037.jpg突然、ライフガードから「野生のイルカが入り江に入って来ているのであまり接近しないように」というアナウンスがありました。見てみると、沖に約10頭ほどのイルカの群れが来ています。周りにいた人たちはみんな大興奮。そういえば、海に潜るとピーッという超音波のような音が聞えていたのですが、それはなんとイルカたちがコミュニケーションのために発していた声なのでした。パドルサーフをしていた人たちは皆、動くのをやめてボードの上に座り、イルカたちを刺激しないようにしています。こんなにも近くで野生のイルカを見たことは初めて。感動的な体験でした。
ノースショアのビーチは、ワイキキと比較すると、やはり海水の透明度が全然違います。自然なままの美しい海と野生のイルカたちに癒されて、ノースは私たちにとって一番お気に入りの場所となりました。
[PR]
# by precious31 | 2001-08-14 05:57 | 観光

[番外編:ハワイ Part 1] 長女の15才を祝って・・・

c0114387_1253399.jpg
09年7月中旬から2週間、ハワイに行って参りました。去る5月に15才になった長女への「誕生日お祝い旅行」です。アルゼンチンでは、女の子が15才になると盛大なお祝いをします。結婚式並みのパーティーをしたり、海外旅行に行ったりと、祝福の仕方は様々ですが、私たちは長女のたっての願いで、家族揃ってハワイに行くことに決めました。
c0114387_1255036.jpg
主人と私にとっては、ハネムーンで初めて訪れて以来、16年ぶり2度目のハワイ。当時と比べるとワイキキ周辺は美しく大変貌を遂げていて、まるで町全体が大きなテーマパークのよう。日本から両親も合流し、太平洋の真ん中で家族水入らずの、一生の思い出に残る日々を過ごすことができました。
c0114387_13125589.jpg
これから少しだけですが、「番外編」として、オアフ島で見つけた美味しいもの、可愛いお店、きれいな場所などを紹介しようと思います。いつものブエノスアイレス情報の中の「息抜き」として楽しんでいただけると幸いです。


★「番外編ハワイ」はこちらからどうぞ!
[PR]
# by precious31 | 2001-08-12 13:14 | 観光