<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

24時間フレッシュなお花が買える場所

c0114387_648468.jpg
ブエノスアイレスの街中には、あちこちに花屋のスタンドがあります。でも、通りすがりに見つけた花屋で買ったきれいなお花が、3日もしないうちに枯れてしまうこともしばしば。市内の一番大きな花の卸売り市場(Olavarria 2400)に行けば新鮮なお花が卸値で買えますが、花屋さんもそこで仕入れをするので、自分の欲しい花を好きなだけ手に入れるには朝6時か7時ごろに行かなければなりません。
c0114387_652755.jpgそこで時間に制約されず、いつでもフレッシュなお花が買えるところがないものかしらと探してみたら、ありました。Sarmiento通りとAcuña de Figueroa通りが交差する辺りです。なんとこの一帯にある花屋は24時間営業。しかも毎朝、前述の花市場から直接仕入れて来るので新鮮だし、お値段もうちの近所のスタンドより断然安い。c0114387_6592571.jpgお店そのものは小さいため、ほとんどの花は歩道にずらりと並べられていて圧巻の光景です。私のお目当てはなんといってもバラ。期待通り、花の部分がきゅっと締まった美しいバラがたくさんありました。色も様々で、ターコイズブルーに染められたものも!迷った挙句、クラシックな白と、クリームベースで花びらの先だけがピンクのものを25本ずつ買ってきました。c0114387_775520.jpg新鮮なお花が入荷するのは毎日お昼過ぎ。これから夏にかけて、ブエノスアイレスの花屋にたくさん並んで甘い香りを漂わせるjazmin(ハスミン=くちなしの花)も、次はここで買おうと思います。

24時間営業の花屋さん
Sarmiento通り4000番台(アルマグロ地区)

追記:上記のポイントからSarmiento通り沿いに4500番台くらいまで同じような花屋が点在しているので、花の種類やお値段を求めていくつかまわってみることをオススメします。
[PR]
by precious31 | 2010-10-25 06:48 | ショップ

アットホームなB&B [Hotel Rugantino]

c0114387_1441572.jpgここ数年、観光ブームの恩恵を受けているブエノスアイレスには、どんどん新しい宿泊施設が作られています。しかも、観光地として定番のホテルが集まるセントロ(ダウンタウン)ではなく、市内のオシャレなスポットに滞在する観光客も増えている様子。私自身も、海外に行くときはできればそういう地区に泊まりたいと考える方なので(昨年のハワイでは思いっきり観光客が集中するワイキキのど真ん中に宿泊しましたが)、パレルモ近辺に新しく登場したホテルにはかねてから興味を抱いておりました。
そんな折、先日、日本から来たお友達が宿泊したホテルがとても良かったので、ぜひここで紹介させていただきたいと思います。

c0114387_1482993.jpgパレルモ・ソーホーにある「Hotel Rugantino」(オテル・ルガンティーノ)は、カルロとニコラのイタリア人親子が経営するアットホームなB&B(ベッド&ブレックファスト)。この地区に多い古い家屋を改装した建物ですが、既存の柱や窓枠をそのまま残したことで温かい雰囲気が醸し出されています。

c0114387_3184463.jpgこちらはややはにかんだような笑顔が素敵なニコラ。お父さんのカルロと共に、滞在中のちょっとした相談にも快く乗ってくれる、とても頼れる存在です。部屋数が全部で8つと少ないのは、彼らがお客様を遠くからやって来た親戚のようにお持て成しするためなのだそう。一泊75ドルから115ドル(*2010年9月30日現在)という宿泊料金には朝食も含まれていてリーズナブル。2~3ブロックも歩けばパレルモ・ソーホーのど真ん中、7~8ブロック先には地下鉄のPlaza Italia駅というロケーションも最高です!

c0114387_3413781.jpg
Hotel Rugantino
Uriarte 1844 (Costa Rica通りとNicaragua通りの間)
Tel. 4773-2891
*公式サイトはこちら

*ホテルの画像はニコラから許可を得て公式サイトのものを掲載しています。無断転載はご遠慮ください。
[PR]
by precious31 | 2010-10-01 03:44 | 観光