<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レトロなパッケージに心を奪われて

アルゼンチンには、ベーキングパウダー入りの小麦粉「Blancaflor」(ブランカフロール)という大変メジャーな製品があります。焼き菓子を作るためにはとても重宝で、特に朝、これに卵とお砂糖と牛乳を混ぜればちゃちゃっとホットケーキが作れるということもあって、本当に便利。我が家には必ず数個ほど常備してあります。
c0114387_11385152.jpg
ところが最近、私は「浮気」をしてしまいました。いつも行くスーパーの粉類コーナーで、ふと目に留まったオレンジ色の袋。ケーキを見つめる女の子のイラストの、なんと可愛いこと。そのレトロなデザインに、一瞬にして心を奪われてしまいました。これもベーキングパウダー入りの小麦粉で、お気に入りのBlancaflorよりもお値段はやや高めですが、「恋は盲目」とはよく言ったもので、一目惚れした勢いに任せて「大人買い」。たかが小麦粉のパッケージにここまで惚れ込んだのは、これが初めてのことです。

商品名の「Reinharina」(レインアリーナ)は、ドイツ語とスペイン語がミックスした造語。「rein」はドイツ語で「純粋な」、「harina」はスペイン語で「小麦粉」、つまり「純小麦粉」という意味なのですが、なぜドイツ語なのかと思ってよく調べてみると、この「Reinharina」は、約120年前にドイツからアルゼンチンに移住してきたオットー・ザゲミューラーによって立ち上げられた製粉会社「Alimentos Sagemuller」が、1896年の創設当時から作り続けて来た定番商品なのだとか。今までは主に地方都市や隣国の市場で流通していたらしく、そのためにブエノスアイレスではあまり見かけることがなかったようです。
c0114387_12385664.jpg
早速バナナマフィンを作ってみたところ、気のせいか、いつものBlancaflorより、焼き上がりがしっとりとしています。袋を捨ててしまうのがもったいないと思えるほど可愛い「Reinharina」、今後しばらくは我が家のパントリーを占領しそうです。

Reinharina
*私は大手スーパーCarrefour(カルフール)で購入しました。
[PR]
by precious31 | 2008-10-18 12:56 | 生活情報