<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アルゼンチン生まれのキャラクター「マファルダ」

c0114387_1284077.jpgこの、コロコロっとした可愛らしい女の子のイラスト、皆さんもきっとどこかでご覧になったことがあると思います。彼女の名前は「Mafalda」(マファルダ)。アルゼンチンでは1960年代の半ばからずっと親しまれてきたコミックの主人公です。6歳の小学生、スープが大の苦手ということで、無邪気な印象を受けますが、実はとっても繊細な心の持ち主で、いつもアルゼンチンや地球の将来を心配しています。時には、大人がドキッとするような鋭い考えを述べることもあって、そんな時はサラリーマンのパパと専業主婦のママもたじたじ。作者の「Quino」(キノ)は、Mafaldaの視点から、アルゼンチンの現状をシニカル&コミカルに、時にはシビアに描くのです。

c0114387_1239420.jpgこの「悩める小学生」Mafaldaにはお友達がいて、それぞれが特徴ある性格を持っています。万屋の息子で商売上手なManolito(マノリート:右から3人目)、おませで、ステキなママになることを夢見るSusanita(スサニータ:左から2人目)、登場人物の中で唯一子供らしくて無垢なMiguelito(ミゲリート:左端)などなど。子供たちを取り巻く環境はアルゼンチンの典型とも言え、例えばMafaldaがMiguelitoと出会ったのは夏のバカンス先のビーチで、実は家もご近所さんだったという、よくありがちな日常。そういう身近さに、読者は愛着を感じるのです。

c0114387_1239229.jpgアルゼンチンでは毎年、このMafaldaの日めくりカレンダーが発売になります。1日ずつ
異なるストーリーが4コマ漫画のような形で楽しめるし、スペイン語の勉強にもなるので一石二鳥。日めくりなので分厚いですが、縦横の大きさはCDケースほどというコンパクトなサイズなので、おみやげに買って行く観光客も多いようです。皆さんも、ご家庭で毎日Mafaldaのいろんな表情を楽しんでみてはいかがでしょう?
[PR]
by precious31 | 2007-10-16 12:59 | 生活情報

アルファホールを作ってみましょう

今回は、アルゼンチンのお菓子「alfajor」(アルファホール)の作り方を紹介します。
レシピを教えてくださったのは、このブログにいつもコメントを下さるmikomikoさん。北京にお住まいのmikomikoさんのご主人はアルゼンチン人で、お義弟さんからアルファホールの作り方を伝授されたのだそうです。私の愛用のデジカメが見事に故障してしまったために、画像までお借りすることになりました(mikomikoさん、ありがとうございます!)

c0114387_12143192.jpg材料(直径4cmのアルファホール約30個分)
卵黄       5個
卵        1個
粉砂糖      200g
溶かしバター   150g
コーンスターチ 350g
小麦粉      150g
レモン汁    1個分


c0114387_12145232.jpg
作り方は至ってカンタン。上記の材料をよく混ぜて、麺棒で厚さ4〜5mmに伸ばし、好みの大きさの抜き型で丸く型抜きをします。それを150℃のオーヴンで約10〜12分焼けば、まずはアルファホール用のクッキーの出来上がり。

c0114387_12151850.jpg
このクッキーに、dulce de leche(ドゥルセ・デ・レチェ)を挟みます。はみ出すくらいたっぷり挟んで、はみ出た分をクッキーの側面に伸ばしてココナッツをまぶしてもいいし、ちょっぴりだけ挟んでもOK。これはお好みに合わせて調節してください。ただ、長年アメリカで生活されていたmikomikoさんによると、南米の人たちが集まるパーティーなどに差し入れとして持って行くときは、ドゥルセ・デ・レチェを「思い切り良く」入れた方が喜ばれるそうです。

私はドゥルセ・デ・レチェに、クーベルチュールチョコレートを溶かして混ぜ込んでチョコ味のクリームにしたり、またはクリームチーズを混ぜたものを挟んだりします。また、mikomikoさんのように、ドゥルセ・デ・レチェのべったりとした甘さがどうも苦手、という方は、クッキーに入れるレモン汁の量を増やしたり、すりおろしたレモンピールを入れると、レモンの爽やかな酸っぱさが甘みを抑えてくれるそうです。レモン味のきいたクッキーは甘さも控えめでおいしいので、ドゥルセ・デ・レチェを挟む前に思わずクッキーだけパクパク食べてしまわないようにご注意を!

追記:ドゥルセ・デ・レチェは、クッキーが生暖かいうちに挟むと、どて〜っと横からはみ出て非常にだらしなくなるので(はい、経験者です)、クッキーが完全に冷えてからサンドしてくださいね。
[PR]
by precious31 | 2007-10-12 12:33 | レシピ

女の子のためのショップ「Barbie Store」オープン!

c0114387_6173437.jpg我が家から徒歩わずか2分という至近距離に、この度「Barbie Store」(バービーストア)がオープンしました♪

バービーストアと言っても、単にバービー人形を売っているショップではありません。「Fashiontainment」(ファッションテイメント=ファッションとエンターテイメントを合わせた造語)をテーマにしたお店、つまり、訪れたお客様たちに、おしゃれだけでなく、そこで楽しんでもらうことが目的です。
c0114387_6275626.jpg
一歩足を踏み入れると、そこはピンクと白に飾られた女の子の世界!
中にあるのは、3歳から12歳までの女の子向けの服やアクセサリーを扱うブティック、ステキな髪型にセットしてもらえるビューティーサロン、c0114387_6335213.jpgおいしいミルクシェイクとお菓子でちょっと休憩できるティーハウス、実物大に再現された「バービーの家」、そしてお誕生日や様々なお祝い事に使えるパーティー用サロン。これだけ大規模なバービーストアが作られたのは、世界でもブエノスアイレスが初めてなのだそう。万全な準備が整っていないまま、どうしても9月中にオープンしなければならなかったようで、お店の品物の数はまだ少ないなというのが率直な感想ですが、それでも、5〜6歳の女の子を連れたたくさんのファミリーが連日訪れています。
c0114387_642530.jpgさっそく、ティーハウスに行ってみました。メニューの表紙はもちろんバービー。ここは、市内でも有名なパティセリー「Como en Casa」(コモ・エン・カサ)の支店なので、お菓子はどれもおいしく、c0114387_646532.jpg特にアルファホール(クッキーにドゥルセデレチェを挟んだお菓子)はパステルカラーになっていて、まるでマカロンのような可愛さ♪コーヒーカップにもバービーのシルエット、おまけでついてくるクッキーも愛らしいハート型。子供用には「Licuado」(リクアード)と呼ばれるスムーシーや、ホット&アイスココアもあります。
オープンしたばかりだというのに、すでに奥のパーティーサロンの下見にやって来る親子連れが後を絶えません。女の子にとっては夢のような「バービーの館」で自分の誕生日をお祝いできるなんて、ステキですよね。
私も、来月12歳になる次女に「ここでパーティしたい?」と聞いてみましたが、彼女は間髪入れずに言いました。「男の子を呼べないからイヤ」ですって!それくらい、ガーリッシュな世界です。来店した女の子たちはもちろん、付き添いのママやお祖母さんたちの目がキラキラ輝いていたのが印象的でした。

Barbie Store
Av. Scalabrini Ortiz 3170 (Cabello 通りとCervino通りの間)/パレルモ地区

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-10-09 07:10 | ショップ