カテゴリ:Tip( 3 )

「チパ」の簡単な作り方

「チパ」(chipa)というチーズパンをご存知ですか?ピンポン玉くらいの大きさで、外はカリッとしていて、中はもちもちっとした食感のパンです。
もともとはパラグアイが原産なのですが、パンなのにイースト菌を一切使わないので、暑いところでも保存が効くことから、20世紀中頃には南米全土に広まって行きました。アルゼンチンではそのままチパ、または「チパシート」(chipacito)と呼ばれ、ブラジルでは「ポン・デ・ケージョ」(Pao de Queijo)と呼ばれています(使われる材料はやや異なるようです)。

c0114387_857029.jpg

そのチパ、発酵させる必要がないので作り方は至って簡単なのですが、本格的に作ろうとすると、タピオカ・スターチやらパルメザンチーズ、サルドチーズなどなど、いろんな材料を買い揃えなければいけません。でもアルゼンチンでは、ちゃ〜んとこのような便利なものが手に入るのです。
製粉メーカー「Molinos」(モリーノス)から出ている「Blancaflor」(ブランカフロール)シリーズの「チパミックス」。これに水80ccと卵2個を混ぜて、こねて、等分に丸めて180度のオーブンで30分焼けば、おいしいチパの出来上がり!

c0114387_917491.jpg
キッチン中にチーズの強烈な香りが充満しますが、焼きたてのチパを食べられる喜びは格別。本当に簡単に出来るので、お子さんと一緒に作るのも楽しいですね。日本ではブラジルの「ポン・デ・ケージョ」の方がポピュラーで、「ポンデケージョ・ミックス」というものを扱っている製菓材屋さんもあるようですが、この「Blancaflor」のチパミックスは、アルゼンチンのおみやげとして日本でもウケること間違いなし!です。


c0114387_216177.jpg 上記の「ポンデケージョ・ミックス」は、製菓材を扱っている「クオカ」というショップでネット通販しています。日本でももちもちっとしたチーズパンを作ってみたいという方は、こちらも試してみてはいかがでしょうか。
「クオカ」のサイトはこちら
*左の画像は「クオカ」のものです。私が撮った上の写真よりももっとおいしそうに見えるので・・・

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-04-24 09:35 | Tip

ブエノスアイレス市のHPを活用しましょう!

c0114387_901331.gifこれ、何だかわかります?
「gob」は「gobierno」(ゴビエルノ=政府)、「BsAs」は「Buenos Aires」を略したもの。そう、ブエノスアイレス市のオフィシャル・ロゴなのです。街中で、このロゴが入ったポスターを見かけることがよくありますが、それは市が展開するキャンペーンか、協賛する催し物であることを意味しています。

c0114387_9305693.jpg正確な時期は覚えていませんが、このロゴが出来上がったのとほぼ同時に、ブエノスアイレス市のHPも開設されました。このHPには、在住者や観光客のために役立つ情報が満載。例えば「AGENDA」(アヘンダ)を見ると、市内で行われるイベントに関するお知らせが随時更新されていて、「QUE, CUANDO, DONDE, COMO」(ケ、クアンド、ドンデ、コモ=何が、いつ、どこで、どのように)というコーナーでは、厄介な手続きについての詳細を調べたり、市に対するクレームを送信したりすることもできます。

c0114387_275223.jpgオススメは、サイトの右側にある「Turismo」(トゥリスモ=観光)のスペース。スペイン語の他、英語とポルトガル語で市内観光のための充実した情報が掲載されています。英語のページの「Must-see circuits」に行くと「Self-guided」(セルフガイド)のインデックスがあり、パレルモやレコレータ、サンテルモ、ボカなど、地区ごとに must-see ポイントが地図と一緒に紹介されていてとても便利。プリントアウトして持ち歩くこともできるので、市内観光にはぜひ活用したいですね。

c0114387_10192365.jpg
ところで、よく見るとHPのトップのロゴがブエノスアイレス市のものではなく、右→のようなロゴになっていることに気づきますが、実はこれ、現職のJorge Telerman (ホルヘ・テレルマン)市長のスローガン。「actitud」とは「態度」のことで、市長の「態度で示そう!」という気合いの表現です。果たして今年6月の市長選で、今までアピールしてきた「actitud」をもって再選できるでしょうか?

Gobierno de Buenos Aires (ブエノスアイレス市)のHPはこちら

追記: サイトの左上に「Contacto con Jorge Telerman」とありますが、ここからテレルマン市長にメールを送ることもできます。市を訪問した感想や、そこで気づいたことをもとにした提案などを書いて送ってもいいかもしれません。

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-03-20 10:35 | Tip

ドゥルセ・デ・レチェの楽しみ方

アルゼンチンを代表するもののひとつに「dulce de leche」(ドゥルセ・デ・レチェ/↓画像右)があります。日本では「ミルクジャム」と呼ばれることが多いようですが、私の感覚としてはキャラメルっぽいコンデンスミルクといった感じ。
ドゥルセ・デ・レチェは、アルゼンチンのデザートには欠かせないクリーム。ケーキの中にもクレープにも、プリンに添えるためにも、とにかく何にでもこのドゥルセ・デ・レチェが使われるのですが、その独特の甘さとべったり感は、私たち日本人の口には強烈すぎる、というのが本音です。
c0114387_761185.jpgそこで私がアルゼンチンのママ友達に教わったのがこれ。ドゥルセ・デ・レチェに、「Mendicrim」(メンディクリム/←画像左)を混ぜるという食し方です。Mendicrimはアルゼンチンの一般家庭でよく使われるクリームチーズの一種で、普通のクリームチーズよりもやや酸味が強く、舌触りもザラザラしています。
c0114387_7244473.jpgこの二つを1対1くらいの割合で混ぜ合わせると、甘さが抑えられ、チーズの風味とキャラメル味がミックスされた、カフェオレ色のぽってりしたペーストに。トーストやクラッカーに塗って食べてみると・・・うーん、クセになりそうなおいしさ! マミービスケットに挟んで何層か並べ、そのまましばらく寝かせておいてケーキみたいにすることもできます。
c0114387_730660.jpgまた、よく聞くのがアイスクリームにかけるという食べ方ですが、甘味がしつこく感じるときにはなんと、ドゥルセ・デ・レチェを水で薄めてしまいます。風味は全く変わらず、バタースコッチソースのようにサラサラになって、アイスクリームには最適。ワッフルにかけてもいいし、クリームを浮かせたコーヒーにかければたちまちキャラメル・マキアートの出来上がり。ドゥルセ・デ・レチェを水で薄めて使うことは、アルゼンチンのパティシエたちにとってはごく当たり前のことなのだそうです。
お菓子が好きで、ドゥルセ・デ・レチェも食べてみたけれど、どうもべったりと甘すぎて・・・という方は、是非一度これらのtipを試してみてくださいね。

今回ここで紹介しているのは、2000年にNYのファンシーフード賞の「ジャム、スプレッド、トッピング部門」で金賞を受賞した「La Salamandra」社のドゥルセ・デ・レチェです。日本でも輸入食品を取り扱ってるお店で購入できるようですよ。
La Salamandra社のHPはこちら

追記: Mendicrimは日本では手に入らないので、クリームチーズで代用してもOKです。ただし、Mendicrimも普通のクリームチーズもカロリーは高めなので、おいしくても食べすぎにはくれぐれもご注意を!

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-03-08 08:08 | Tip