カテゴリ:シアター( 1 )

ブロードウェイミュージカル「RENT」のブエノスアイレス公演

ブエノスアイレス市内の各所に点在するシアターでは、いつもたくさんの催し物を楽しむことができます。アルゼンチンならではのタンゴのコンサートに始まり、世界的に有名な歌劇や、なかなか凝ったオリジナル脚本のアングラ劇などなど、いずれも芸術的センスに優れたものばかり。そして時には、ブロードウェイミュージカルのアルゼンチン版を観ることもできるのです。
c0114387_9595650.jpg
今月26日から公演が始まる「RENT」(レント)もそのうちのひとつ。ブロードウェイのオリジナルは、96年から12年間のロングランを達成。プッチーニ作のオペラ「ラ・ボエーム」の現代版として、舞台を原作のパリからニューヨークのイーストヴィレッジに移し、困難に立ち向かいながら力一杯生きる若者たちの姿を描いた名作です。
ブロードウェイミュージカルが海外で上演されるときに最も気になるのは、キャストの力量。本場の俳優たちに劣らないほどの歌唱力、表現力があるかどうかで、作品の印象がオリジナルと大きく変わってしまうからです。

c0114387_1105430.jpg今回アルゼンチン版で主役の一人ロジャーを務めるGerman Tripel(ヘルマン・トリペル=上画像・右)は、元「Mambru」(マンブルー)のメンバー。Mambruとは、2002年にアルゼンチン国内で放送された「POPSTAR」という番組で、一般公募から厳しいオーディションを勝ち抜き選出された4人組のヴォーカルグループのこと。2004年に解散したあとも、「Tripa」(トリパ)ことヘルマンは人前で歌を歌い続ける道を選び、幾度も苦境を乗り越えてこの度見事、主役級の座を射止めたのでした。Mambruの中でも、歌の上手さだけでなく、舞台上で断トツの存在感を放っていたTripaだけに、彼が演じるロジャー役に期待しています!【画像:Konexより】

c0114387_1111414.jpgRENT 公演
2008年3月26日(水)より
Ciudad Cultural Konex
Sarmiento 3131
Tel. 4864-3200
公演は水曜から日曜までで、水・木が午後9時から、金・土・日が午後10時からとなっています

追記:ニューヨークのブロードウェイミュージカルがお好きな方でしたら、「RENT」はよくご存知なはず。80年代後半のイーストヴィレッジを舞台に、人種差別や同性愛、HIVにスポットを当てた非常に現実的な物語です。このミュージカルの素晴らしさはやはり、ステージで歌われる40曲以上もの歌。優れた歌唱力が高く評価され、96年のオリジナルキャストの中からは、Idina Menzel(イディーナ・メンゼル)という大スターも誕生しました。2005年にはミュージカルRENTの大ファンだったというクリス・コロンバス監督によって映画化もされています。
[PR]
by precious31 | 2008-03-18 11:33 | シアター