カテゴリ:ファッション( 5 )

100%アルゼンチン産のキュートなバッグ [Julieta Sedler]

c0114387_9511449.jpg最近アルゼンチンのモデルたちの間では、「Julieta Sedler」(フリエタ・セドレル)のバッグが大人気です。c0114387_9591531.jpg
デザイナーのフリエタ(画像右)は、パレルモ大学で服飾デザイン科を専攻したあと、メイクアップアーティストとして仕事をしていましたが、もともとバッグが大好きだったこともあり、08年7月から自分の名前を掲げたオリジナルブランド「Julieta Sedler」を立ち上げました。
c0114387_106782.jpgアルゼンチン国産の牛革を使って作られるバッグは軟らかくて手触りも良く、そしてとっても軽い!結構大きめのものでも重たくないので、毎日の仕事や通学に使うバッグとして最適です。デザイン毎に女性の名前がつけられていて、例えば一番売れているというこちら→は「Donatella」(ドナテラ)。一見シンプルなのですが、中には美しい花柄の裏地。私も早速、ブラックのドナテラを購入しました。
c0114387_10171372.jpgでも、フリエタが「愛を込めて作っているのよ」と言うバッグはどのデザインも可愛くて、ひとつだけ選ぶなんて難しい。そこで、ソフトなスエード皮の「Concepcion」(コンセプシオン/画像左)も買ってしまいました。こちらも裏地にカラフルな布が使われていて、ポケットは内側に3つ、両側面に2つ、蓋にもフリンジ付きのものがひとつ。c0114387_10311564.jpg容量もなかなかのものです。気兼ねしないでどんどん日常使いできるお値段も魅力。たくさんあるデザインと色の中から、きっとあなたのお気に入りが見つかるはずですよ。

c0114387_10531595.jpg
Julieta Sedler
Malabia 1318 (Nicero Vega通りとCabrera通りの間 / パレルモ・ソーホー地区)
営業時間:月~金曜は14時から20時まで、土曜は11時から19時まで、日曜は休み
Tel. 4777-1235




↑はアトリエ兼店舗でしたが、街頭沿いに新店舗がオープンしました!
住所: Armenia 1886 (Costa Rica通りとNicaragua通りの間 / パレルモソーホー地区)
Tel. 4831-8189
営業時間:月~土 11時から20時まで


*公式サイトはこちら
[PR]
by precious31 | 2010-09-12 11:01 | ファッション

Pretty わんちゃん in Pink

これまでは犬用の服というと、防寒目的でオシャレとは無縁のセーター類しかなかったアルゼンチン。でもこの度、ティーン向けのブランド「Muaa」(ムアア)から、トイプードル用のファッションを含むとっても可愛らしいラインが登場しました♪
c0114387_1057072.jpgピンクを基本とした新しいラインナップは、その名もずばり「Muaa Pink」(ムアア・ピンク)。女の子たちがお部屋でくつろぐためのルームウェア&アンダーウェアと一緒に、プードル向けのTシャツ、タンクトップ、パジャマ、そしてなんとバスローブまであります。c0114387_1142161.jpgうちのトイプードルのためにも、早速Tシャツを購入。私的にはもっと薄いピンクだといいな〜なんて思ってしまうのですが、今時のティーンたちにはこういうフューシャピンクが人気。ポケットについている♡型のボタンが愛らしいです。c0114387_11102647.jpg買ったときはちょっと大きめのように思えたTシャツも、着せてみたらぴったり。犬を飼うまでは「動物に服を着せるなんて人間の勝手!」と思っていましたが、服を着せてもらうことを喜ぶわんちゃんもいて、うちのもその一例です。特に今、こちらは冬なので、ぬくぬくと身体が温かくなるのが気持ちいいのか、Tシャツを着たままぐっすりとお昼寝してしまいました。
c0114387_11204081.jpg
「Muaa Pink」の商品は、今流行りのシャイニーなバッグに入れてもらえます。学校のために何かとサブバッグを使うことの多い娘たちも大喜び。
品数そのものはまだまだ少なく、店員さんによるとこれから更に増やして行くそう。どうせなら、トイプードル用だけでなく、チワワやシーズーも着れるサイズがあるともっと良いのではないかしら。とにかく、今後の展開に期待しています♪

c0114387_12292931.jpg
Muaa
El Salvador 4635 (Malabia通りとArmenia通りの間/パレルモ・ソーホー地区)
*その他、アルゼンチン全国に支店多数。詳しくは公式サイトの「LOCALES」をご参照ください。

*「Muaa」パレルモ・ソーホー店は古い家屋を改装した建物。ショッキングピンクの外観が強烈な印象を放っています。同じブロックにあるレストラン「MOTT」と「CLUNY」がシックな大人のムードであるだけに、ここでも私は「せめてベビーピンクにすればいいのに」と思ってしまうのですが・・・。
[PR]
by precious31 | 2008-06-22 12:59 | ファッション

乙女心をくすぐるペーパーバッグ

ブエノスアイレスの街中で、ステキなペーパーバッグを持っている女の子たちをよく見かけます。エンボス加工されたとてもロマンチックな花柄に、持ち手の部分は紙紐でも布紐でもなくリボン。このオシャレな「手提げ紙袋」、一体どこのものなのでしょう。
c0114387_3175061.jpg実はこれ、ティーン向けの洋服ブランド「Como Quieres Que Te Quiera」(コモ・キエレス・ケ・テ・キエラ)のペーパーバッグ。購入した商品の大きさや嵩によって、大・中・小の中から適度なサイズのバッグがもらえます。ハイスクールに通う女の子たちの間では、これを学校用のサブバッグとして使うのが流行り。しっかりした紙で作られているだけでなく、紐も肩から掛けられる長さなので使い易さバツグン。うちの長女も体育着とスニーカーを入れて学校に持って行きます。
c0114387_33164.jpgシーズンごとにデザインが新しくなるのですが、今秋のバッグは茶色とベビーピンクのシックな作り(画像右)。真ん中の茶色のリボンが大きなアクセントになっていて、プレゼント用の際に余計な飾りをつける必要もないくらいエレガントです。茶色とピンクの組み合わせに、ストロベリーチョコをイメージしてしまうのは私だけでしょうか。
c0114387_3425918.jpgこの「Como Quieres Que Te Quiera」は、以前紹介したオシャレな子供服ブランド「Pâtisserie」(パティセリー)と同系列。ティーン向けなので流行は取り入れていますが、品が良く、派手さはないので、細身の方なら大人の女性でも着れる服がたくさん。服の他に、オーデコロンやキーチェーンなども扱っているので、小さなバッグが欲しければそういう小物を買うのも良いアイデア。ここでお買い物をして、花柄のペーパーバッグに入れてもらったら、間違いなく乙女心が満たされることでしょう。

Como Quieres Que Te Quiera
主要ショッピングモールにあります
公式サイトはこちら
[PR]
by precious31 | 2008-05-19 04:21 | ファッション

マリアーナのステキなおもちゃ箱

「Juana de Arco」(ホォアナ・デ・アルコ)は、数年前にパレルモ・ソーホーで誕生したブランド。カラフルなパーツを合わせてひとつずつ手作りされた可愛いインナーが話題を呼び、全世界中のオシャレに敏感な人たちから支持されて、今では日本でも渋谷と銀座にショップを展開しています。
c0114387_564994.jpgパレルモ・ソーホーにある本店は、Juanaのクリエイターであるマリアーナ・コルテスの自由奔放なアイデアとセンスがそのまま詰まった夢の世界。ファッションに関してはわりと保守的なブエノスアイレスにおいて、型にはまらず、自分の感性だけを頼りに次々と作品を生み出す勇気は、まさにJuana de Arco(ジャンヌ・ダルクのスペイン語読み)そのものです。

c0114387_5134793.jpgオープン当初はキャミソールやショーツといったインナーだけが売り物でしたが、今ではアウターや帽子、小物まで揃っていて、お店の中には1点物の商品がたくさん並んでいます。最近は男性のボクサーショーツもあって、プレゼントに買って行く女性客が多いとか。壁にはマリアーナの友人である画家たちの作品が無造作に飾ってあったりして、それを見ているだけでも楽しい。

c0114387_525287.jpg今冬のテーマは「薔薇」。店内は薔薇モチーフのインテリアで飾られているのですが、よくありがちなロマンチック・カントリー風ではなく、どちらかというと薔薇の強さを表現している感じ。c0114387_5354133.jpgマリアーナが実際につけて見せてくれた薔薇のマフラーも、甘いテイストというよりは、原色を使ったインパクトのあるデザインになっています。もちろん、そういうものでもマリアーナはこんなふうに可愛く着こなすんですけどね。c0114387_557138.jpg
最近、お店の奥の方にキッズコーナーも設けられました。ここのベビー用のタンクトップを、後ろ身ごろを前にしてワンちゃんに着せてあげることができることをご存知でしたか?大きなカゴに入ったセール品だったら、1枚10〜15ペソ(400円〜600円)ほどでワンちゃん向けのJuanaをゲットできるんですよ。
お店は地下にも続いていて、全体がマリアーナの創造性溢れるおもちゃ箱のような楽しいスペースになっています。お買い物の予定がなくても、一度は訪れてみる価値アリ!のショップです。
c0114387_6312716.jpg
Juana de Arco
El Salvador 4762 (パレルモ・ソーホー地区)
電話:4833-1621
公式サイトはこちら


c0114387_1595186.jpg

追記:地下の画像もアップします。季節外れのハンパものなど掘り出しものがわんさかあるので、見ていて飽きない場所です。


c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-07-19 06:28 | ファッション

オシャレな子供服

品のある子供服って、いいですよね。お洒落な国イタリアの流れを受け継いでいるアルゼンチンでは、清楚できちっとした子供服を売っているお店がたくさんあります。私も、娘たちが小さかった頃は、街中の小さなブティックで、スモック刺繍入りの手作りのワンピースを季節ごとに買い替えてはよく着せていたものです。

c0114387_849556.jpg
昨年末にブエノスアイレス市内のショッピングモールにオープンした「Pâtisserie」(パティセリー)は、そんなオシャレな子供服を扱っているブティック。「パティセリー」なんて名前で、ショーウィンドーにはおいしそうなお菓子が飾ってありますが、ケーキ屋さんではないんですよ。パリのケーキ屋さんを思わせるような、シックで、心温まるような甘いテイストをブランド名に表現したかったのだとか。店内には、流行だけにとらわれず、それでいて古くさくなくて、可愛くて品のあるデザインの服や靴がたくさん陳列されています。色合いは地味でも、子供らしく愛らしいパターンで作られているので退屈な感じは全くありません。

c0114387_955592.jpg
きちんとしたデザインの中にも、ちょっとした遊び心が感じられる刺繍や、この冬流行のグレーを基調にしたりと、従来のお出かけ着とはやや異なるのが「Pâtisserie」のお洋服の特徴。シルク、シャンタン、イタリア製のウールやフランスから取り寄せたレースを使っており、質の良さも折り紙付きです。対象年齢は0歳から6歳までなので、うちの娘たちはもう着れません。残念!

c0114387_928965.jpg
実はこのお店、子供服の大手ブランド「CHEEKY」と同系列。「CHEEKY」はアルゼンチンで生まれ、現在、南米諸国やアメリカ、イタリア、オランダに市場を広げているので、やがてはこの「Pâtisserie」も、世界中に出店される可能性も。いつの日か、「フランスのプチバトーか、アルゼンチンのパティセリーか?」と言われる日が来るかもしれませんね。


Pâtisserie
2007年6月現在、下記のショッピングモールに店舗があります。
*Paseo Alcorta (2階)
Salguero 3172 (パレルモ地区)
*Unicenter (2階)
Parana 3745 (ブエノスアイレス郊外マルティネス)

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-06-11 09:38 | ファッション