カテゴリ:アート( 1 )

ブエノスアイレスで生まれたポップアート

ブエノスアイレスに来ると、市内を走っているバスの車体や、レストランの窓、お店の看板に、鮮やかな色使いの美しい絵が描かれていることに気づきます。これは「fileteado porteño」(フィレテアード・ポルテーニョ)、または 「filete porteño」(フィレテ・ポルテーニョ)と呼ばれる、ブエノス生まれの大衆芸術です。

c0114387_484429.jpg1900年代初頭に馬車の装飾として使われ始め、40年代にはバスやトラックに描かれるように。次第に画法も定着し、原色を使うことや、国旗、花、鳥、竜などの動物を必ず入れるという基本的な型が定められました。

c0114387_4505030.jpgやがて、お店の窓や看板などにも使われ始め、フィレテアドール(fileteador=フィレテアードを描く画家)によって独自のスタイルが確立。お店のイメージや目的によって、従来のクラシックなデザインに留まらず、独創性溢れるオリジナルな fileteado が街のあちこちで見られるようになりました。

c0114387_5153519.jpgエルナン・バーロ (Hernan Barro/画像左)は、フィレテアドールの中でも前衛派として知られています。昔ながらのフィレテアードも描きながら、原色ではなくパステルカラーを使ってロマンチックな表札を作ったり、某有名ハンバーガーチェーン店の窓を豪華なフィレテアードで飾ったり、家具や楽器にペイントしたりもします。
c0114387_5225265.jpg
オーダーも受け付けているので、白木のトレイやチーズ用のカットボードなどに「Buenos Aires」という文字とアルゼンチン国旗の色のリボンを書いてもらえば、オリジナルなお土産のできあがり。

c0114387_5431196.jpg ←このようなプレートに自分の名前を書いてもらうこともできますよ。


また、フィレテアドールによってはフィレテアードの教室を開いている人もいるので、画法を習得して自分で描いてみるのもいいですね。

エルナン・バーロのサイトは こちら

追記:紹介した画像は全てエルナン・バーロの作品で、このブログでの使用も快く承諾してくれました。彼はこの他にも、有名なレストランやカフェの窓をガラスエッチングによるフィレテアードで飾ったりもしています。上記のサイトに作品がもっと紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください!

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-04-02 06:11 | アート