春が来ると行きたくなるインテリアのお店

アルゼンチンは今日から暦の上で春です。
ここでは春が来ると、ティーンの子たちが友達と集まって公園に出かけ、野外コンサートや特別なイベントを楽しむというのが習慣となっていますが、私の場合、春限定の美味しいものを食べること以外にも、この時期になるとどうしてものぞきに行きたくなるインテリアショップがあります。
c0114387_731296.jpgパレルモ・ソーホー地区にある「Milagros Deco」(ミラグロス・デコ)。女性デザイナーのミラグロス・レスタが展開するロマンチックなスペースです。ミラグロスはアルゼンチンにシャビーシック・スタイルを持ち込んだ先駆者で、倉庫で眠ったままになっていたアンティークやヴィンテージ家具を活かし、ガーリッシュなインテリアを作り出しています。
c0114387_7381150.jpgお店そのものは、本家シャビーシックに比べるとややカラフル過ぎる感がありますが、そこにあるものを利用して、自分なりの洗練されたインテリアに仕上げることができます。パステルカラーのベロアで生まれ変わったフランス製のアンティークの椅子や、花柄のベッドキルトにカーペット、花の形のランプやプルノブ(画像下・中央)などなど、毎日の生活を明るくしてくれそうな春らしい素材がたくさん。家具の他、食器や文具といったオリジナル小物もどれもプリンセステイストで可愛いものばかり。

大きな一軒家の壁を取り払ったオープンスペースのショップでは、インテリアのトータルコーディネートを始め、パーティーのデコレーションも承っています。今年は春の到来と同時に、春らしいクッションとランチョンマットを買おうかなと思案中です。
c0114387_853440.jpg

c0114387_11545052.jpgMilagros Deco
Gorriti 5417(Godoy Cruz通りの角/パレルモ・ソーホー地区)
Tel. 4899-0991

注:画像は、お店から定期的に送られて来るニュースレターのものを、許可を得たうえで使用しています。
[PR]
by precious31 | 2008-09-22 08:10 | ショップ
<< レトロなパッケージに心を奪われて おままごとは楽し♪ >>