紫色に染められて・・・

約1ヶ月もの間、ブログの更新をできない状態でいたら、アルゼンチンではハカランダ(Jacaranda)が満開の季節になっていました。満開の花が紺碧の空を飾る一方で、落ちた花は紫色のカーペットに。街中が紫色に染められるので、それはそれは美しい光景です。

c0114387_2452313.jpgハカランダはブラジルが原産の木。ブエノスアイレスでは11月中旬になると満開になります。私の次女が生まれたのがちょうどこの時期なので、ハカランダの香りが漂う頃になると、咲き乱れる紫色の花を眺めながら、出産のために産院まで歩いて行ったことを思い出します。

c0114387_3102724.jpgハカランダは原産地こそ南半球ですが、メキシコやアメリカのカリフォルニアにも「ハカランダ並木」があります。またオーストラリアでも、英語式の「ジャカランダ」という発音で親しまれています。花にはちょっとバラに似た香りがあるなと思っていたら、「ブラジリアン・ローズウッド」という別名があることを知りました。

以前はアコースティックギターの材料として使われていたそうなのですが、後にワシントン条約で輸出入が禁じられてしまったので、今やハカランダで作られたギターは非常に価値のあるものなのだそう。日本の桜の美しさは唯一ですが、満開のハカランダにも情緒は十分。俳句の才能があれば、「ハカランダ」をお題に一句作りたいところです。

追記:2枚目の画像でおわかりのように、花の色はとても淡い紫色です。たくさんの花が折り重なって、遠くから見ると1枚目の画像のようにはっきりとした紫になります。キリの花に良く似ていて、押し花にするときれいですよ。
[PR]
by precious31 | 2007-11-22 03:42 | 生活情報
<< プエルトマデーロの「マーケット」 アルゼンチン生まれのキャラクタ... >>