アルファホールを作ってみましょう

今回は、アルゼンチンのお菓子「alfajor」(アルファホール)の作り方を紹介します。
レシピを教えてくださったのは、このブログにいつもコメントを下さるmikomikoさん。北京にお住まいのmikomikoさんのご主人はアルゼンチン人で、お義弟さんからアルファホールの作り方を伝授されたのだそうです。私の愛用のデジカメが見事に故障してしまったために、画像までお借りすることになりました(mikomikoさん、ありがとうございます!)

c0114387_12143192.jpg材料(直径4cmのアルファホール約30個分)
卵黄       5個
卵        1個
粉砂糖      200g
溶かしバター   150g
コーンスターチ 350g
小麦粉      150g
レモン汁    1個分


c0114387_12145232.jpg
作り方は至ってカンタン。上記の材料をよく混ぜて、麺棒で厚さ4〜5mmに伸ばし、好みの大きさの抜き型で丸く型抜きをします。それを150℃のオーヴンで約10〜12分焼けば、まずはアルファホール用のクッキーの出来上がり。

c0114387_12151850.jpg
このクッキーに、dulce de leche(ドゥルセ・デ・レチェ)を挟みます。はみ出すくらいたっぷり挟んで、はみ出た分をクッキーの側面に伸ばしてココナッツをまぶしてもいいし、ちょっぴりだけ挟んでもOK。これはお好みに合わせて調節してください。ただ、長年アメリカで生活されていたmikomikoさんによると、南米の人たちが集まるパーティーなどに差し入れとして持って行くときは、ドゥルセ・デ・レチェを「思い切り良く」入れた方が喜ばれるそうです。

私はドゥルセ・デ・レチェに、クーベルチュールチョコレートを溶かして混ぜ込んでチョコ味のクリームにしたり、またはクリームチーズを混ぜたものを挟んだりします。また、mikomikoさんのように、ドゥルセ・デ・レチェのべったりとした甘さがどうも苦手、という方は、クッキーに入れるレモン汁の量を増やしたり、すりおろしたレモンピールを入れると、レモンの爽やかな酸っぱさが甘みを抑えてくれるそうです。レモン味のきいたクッキーは甘さも控えめでおいしいので、ドゥルセ・デ・レチェを挟む前に思わずクッキーだけパクパク食べてしまわないようにご注意を!

追記:ドゥルセ・デ・レチェは、クッキーが生暖かいうちに挟むと、どて〜っと横からはみ出て非常にだらしなくなるので(はい、経験者です)、クッキーが完全に冷えてからサンドしてくださいね。
[PR]
by precious31 | 2007-10-12 12:33 | レシピ
<< アルゼンチン生まれのキャラクタ... 女の子のためのショップ「Bar... >>