私をサッカーに連れてって

「Take me out to the ball game〜♪」(私を野球に連れてって)は、アメリカの野球ファンが試合のときに必ず歌う愛唱歌ですね。アメリカにとっての野球が歴史であり、文化でもあるように、アルゼンチンではサッカーが社会の一部となっています。

c0114387_12562124.jpg毎日、テレビをつければ聞きたくもないのに聞かされるサッカーの話題。こうなると、やっぱり一度はスタジアムに観戦に行きたいな〜と思ってしまう方もたくさんいることでしょう。でも、実際に行くとなると「どうやってチケットを買えばいいのかわからない」とか、「スタジアム周辺や中は危ない感じがしてコワい」とか、「一緒に行く人がいない」などなど、様々な問題に直面してしまいます。

c0114387_1305410.jpgそんなときに利用したいのが「SEEFOOTBALL」という会社。ここの観戦ツアーに参加すれば、主要ホテルからスタジアムまでの送迎、試合のチケットまで全て手配してくれます。週末のリーグ戦や平日のカップ戦の中から自分が行きたい試合を選んで申し込み、他の参加者と一緒に観戦できるので一人でも大丈夫。座席は右の画像のような立ち見席ではなく、platea(プラテア)と呼ばれる指定席なので、カメラを持って行って写真を撮っても全然平気。周りのアルゼンチン人の観客も、デジカメや携帯のカメラを使ってたくさん写真を撮っています(一番上の写真は私が撮影しました)。
c0114387_1315244.jpg

ツアー参加の申し込みは、SEEFOOTBALLのサイトからできます。向こう2ヶ月間の試合の日程が一覧になっているので、そこから自分が行きたいゲームを選び、申し込みのフォームに自分のデータを書き込んで送信します。スペイン語が出来る方は、直接電話で申し込んでもOK。ちなみに料金は、今日5月2日に行われるコパ・リベルタドーレスのボカ・ジュニオルス対ベレス・サルスフィエルド戦の観戦ツアーで、一人当たり200ペソ(約8000円)となっています。試合によって、また会場によって料金は変わるようですので、ご注意ください。
観戦のときにはグループに必ずガイドがついているので、チームの情報や選手についての質問にも答えてくれるそう。ガイドさんの説明に、近くの熱心なファンが割り込んで来て熱いサッカー談義が始まることもあるようです。
サッカーが盛んな国アルゼンチンを訪れたら、一度はサッカー観戦を体験してみることをオススメします!

SEEFOOTBALLのサイトはこちら

追記:スタジアムも、このような観戦ツアーに参加したり、行き慣れている人と一緒に行く分には決して危険な場所ではありません。でも、大きなバッグを持って行ったり、派手な服装をしていたり、スタンドで使ったカメラをいつまでも手に持ったままスタジアムを去ろうとしたりしているとやはり泥棒たちの格好の的となってしまいます。行く時はできるだけ手ぶらで、パンツスタイルに楽な靴をはき、そして貴重品は使ったらすぐにポケットかリュックの中にしまうように心がけましょう。

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-05-02 13:25 | 生活情報
<< 豪快!アメリカンレストラン 「チパ」の簡単な作り方 >>