「チパ」の簡単な作り方

「チパ」(chipa)というチーズパンをご存知ですか?ピンポン玉くらいの大きさで、外はカリッとしていて、中はもちもちっとした食感のパンです。
もともとはパラグアイが原産なのですが、パンなのにイースト菌を一切使わないので、暑いところでも保存が効くことから、20世紀中頃には南米全土に広まって行きました。アルゼンチンではそのままチパ、または「チパシート」(chipacito)と呼ばれ、ブラジルでは「ポン・デ・ケージョ」(Pao de Queijo)と呼ばれています(使われる材料はやや異なるようです)。

c0114387_857029.jpg

そのチパ、発酵させる必要がないので作り方は至って簡単なのですが、本格的に作ろうとすると、タピオカ・スターチやらパルメザンチーズ、サルドチーズなどなど、いろんな材料を買い揃えなければいけません。でもアルゼンチンでは、ちゃ〜んとこのような便利なものが手に入るのです。
製粉メーカー「Molinos」(モリーノス)から出ている「Blancaflor」(ブランカフロール)シリーズの「チパミックス」。これに水80ccと卵2個を混ぜて、こねて、等分に丸めて180度のオーブンで30分焼けば、おいしいチパの出来上がり!

c0114387_917491.jpg
キッチン中にチーズの強烈な香りが充満しますが、焼きたてのチパを食べられる喜びは格別。本当に簡単に出来るので、お子さんと一緒に作るのも楽しいですね。日本ではブラジルの「ポン・デ・ケージョ」の方がポピュラーで、「ポンデケージョ・ミックス」というものを扱っている製菓材屋さんもあるようですが、この「Blancaflor」のチパミックスは、アルゼンチンのおみやげとして日本でもウケること間違いなし!です。


c0114387_216177.jpg 上記の「ポンデケージョ・ミックス」は、製菓材を扱っている「クオカ」というショップでネット通販しています。日本でももちもちっとしたチーズパンを作ってみたいという方は、こちらも試してみてはいかがでしょうか。
「クオカ」のサイトはこちら
*左の画像は「クオカ」のものです。私が撮った上の写真よりももっとおいしそうに見えるので・・・

c0114387_458201.gif←クリックして一票投じていただけると嬉しいです♪
[PR]
by precious31 | 2007-04-24 09:35 | Tip
<< 私をサッカーに連れてって ガーリッシュな喫茶店 >>