本場フランスのパン職人さんによるブランジェリー [L’épi Boulangerie]

学生の頃、新宿の四谷三丁目にあった外国人向けスーパー内のパン屋でアルバイトをしていた私。当時の日本では珍しく、ヨーロッパの人たちが好む本格的なバゲットやパンドカンパーニュを扱っていたパン屋だったので、都内のかなり遠いところからわざわざパンを買いに来るフランス人のお客様もいました。私はこのパン屋のおかげでパン・オ・ショコラが大好きになり、以来、ブエノスアイレスでも「本当のパン・オ・ショコラ」が気軽に買えるところを探すのが日課(?)となっていました。
c0114387_8214231.jpg
そして、ついに見つけたのがここ、「L’épi Boulangerie」(レピ・ブランジェリー)です。
c0114387_824882.jpg
フランス人のパン職人ブルーノ・ギヨーとオリビエ・アノークの二人が2007年にオープンしたパン屋で、1911年に製造されたという古くて大きな釜戸で焼かれるパンが売り物。
c0114387_8305444.jpg
パン・オ・ショコラの他に、クロワッサン、ブリオッシュ、もちろんバゲットやパンドカンパーニュも本場フランスと変わらない製法で作られているので、素朴でとっても美味しい。「medialuna」(メディアルーナ)と呼ばれる甘ったる~いアルゼンチンのクロワッサンがどうも苦手・・・という方も、ここのクロワッサンならご満足いただけるはず。
c0114387_8343078.jpgところで、ブルーノとオリビエの作るパンにはイースト菌が一切入っていません。代わりに天然酵母を使っているので、パンが日持ちするのだそうです。天然酵母を使ったパンというと、酸味が強いのかと思っていましたが、案外そうでもないのですね。
冒頭で紹介したフランス人のように、このパン屋にも、遠方からわざわざバゲットを買いに来るお客様がいるそうです。うちからも徒歩圏内にはないのですが、パン・オ・ショコラとブリオッシュのために、1週間に1度は通ってます!
c0114387_8441677.jpg

L’épi Boulangerie
Roseti 1769 (Tronador通りとPlaza通りの間)
Tel. 4552 6402
公式サイトはこちら

c0114387_541972.jpg追記:オリビエとブルーノは料理専門TV「el gourmet」のパーソナリティでもあります。2009年9月現在、二人が母国フランスを訪ねて、各地の美味しいチーズを食べ歩く番組「Francia y sus quesos」が放映中です。
(Photo via elgourmet.com)





「番外編ハワイ」も随時更新中です。興味のある方はお立ち寄りくださいね♪
(↑の「番外編ハワイ」の文字をクリックすると記事が一覧されます)
[PR]
by precious31 | 2009-09-16 08:51 | ベーカリー
<< チョコレートのパーティーフェイ... アルゼンチン名物パリージャの美... >>