アンティークなテーブルウェアを求めて [La Cuadra Antiques]

c0114387_1136465.jpgShabby Chicの生みの親レイチェル・アシュウェルは、著書「The Shabby Chic Home」の中でこんなことを書いています。
”どのお皿もカップもソーサーも、あなたが見て楽しめるものであるべき。ミスマッチでも大丈夫”。
そしてそこには、レイチェル宅の食器洗い機の中の写真が掲載されていて、びっしりと並べられたカラフルなアンティークのプレートやカップは、どれもまちまち。セットになっているものはほとんどありません。
c0114387_11375950.jpgこれを読んで、アンティークの食器を買うのに、無理に同じような色や柄に囚われなくとも、肩の力を抜いて好きなものをひとつずつ買い集めればいいのだとわかりました。自分が好きと感じたものなら、ペアになっていなくても、カップボードやテーブルで不思議としっくりまとまるものなのですね。
洗練されたセンスをお持ちの方ならば、アンティークのテーブルウェアを選ぶときにもこだわりがあるのでしょうが、私の場合は直感!だけです。一目見て気に入って、お手ごろな価格なら即購入、という感じ。↑のチュリーン(画像左上)もミニプレート(画像右上)も、「La Cuadra Antiques」(ラ・クアドラ・アンティークス)にてとても良心的なお値段で手に入れました。
c0114387_13353961.jpg
「La Cuadra Antiques」では、多様なスタイルのアンティーク食器を扱っています。オーナーのグラシエラとリカルドは、良いものを相応のお値段で売ることをモットーにしているので、安心してお買い物ができます。c0114387_1254721.jpg以前は骨董品街で知られるサンテルモ区にお店を構えていたらしいのですが、今年に入ってから現在のギャラリーに引っ越したのだそう。小さい店内なので陳列できる商品の数が限られているらしく、「こういうものが欲しいのだけど」と相談すれば、奥に在庫がしまってある可能性も。グラシエラもリカルドも大変親切で誠実なディーラーなので、探しているものがあったら相談してみてもいいでしょう。

La Cuadra Antiques
Jorge Newbery 1651 (ギャラリー内テナント29:ラス・カニータス地区)
*中央がオープンスペースのレストランになっているギャラリーで、お店は入り口から入って右手にあります。

ご報告:記事をアップした直後にグラシエラから、2009年5月16日23日より、お店の住所が変わるとの連絡が入りました。やはり以前のサンテルモ地区に戻るのだそうで、新しい住所は下記のとおりです。
新しい住所:Defensa 529(Mexico通りとVenezuela通りの間)
[PR]
by precious31 | 2009-05-14 13:43 | アンティーク
<< 女性アーティストのパワー [P... お菓子で覚える「今時のスペイン語」 >>