すべてがジャストなカフェランチ [Helena]

c0114387_8275498.jpg大雨の中、パレルモ・ソーホーへお買い物に出かけた日。14歳の長女のお買い物なので、親は口出しせず、彼女のあとをついて行くのみ。午前中だけで済ませるつもりが、なかなか気に入った物が見つからず、お店を一軒ずつじっくりと見て回っていたら、いつの間にかランチの時間をとっくに過ぎていました。お腹が空いていては戦=お買い物も続けられませんが、レストランに入ってゆっくりと食事をしている時間がないのも事実。そこで、オープンしたてのカフェ「Helena」(エレナ)に飛び込みました。カフェランチなら、手早く食べられて好都合です。

c0114387_829227.jpg「Helena」は小さくて可愛らしいカフェ。白とアクアブルーの配色がステキな店内は、シャンデリアが飾られているのに嫌みなゴージャスさはなくて落ち着いた雰囲気。壁のボードにメニューが書かれているので、それを見ながら長女は生ハムのサンドイッチ、私はステーキ入りのサラダをオーダーしました。c0114387_8412824.jpg

サラダに入っているステーキは一口サイズになっていて、なんと味付けは味噌。野菜にはドレッシングがかかっておらず、ステーキの味噌味と一緒にいただくととてもさっぱりしています。
c0114387_8464229.jpg付け合わせには手作りパンが添えられていて、ふかふかの出来立てで美味しい。生ハムのサンドイッチに使われているパンも自家製の「pan de campo」(パン・デ・カンポ=田舎風パン)。素朴な味わいで、ハムとクリームチーズの美味しさが際立っていました。サイドのスパイシーなポテトは、長女が「これだけおかわりしたい」と言うほど。飲み物にオーダーしたレモネードは、よそのカフェでよく見かけるハーブ入りではなく純粋にレモンだけ。これはこれでまた美味しく、甘すぎることもなくて食事に合っていました。

c0114387_9135776.jpg食後のコーヒーは「Lagrima」(ラグリマ=涙)。スチームミルクにコーヒーをほんの少しだけ、その名の通りティアドロップのように注ぎ入れた飲み物です。ここではこんなふうに、グラスにカラフルなソーサーで可愛らしくサーヴしてくれました。ちゃちゃっと食べられて、量も多すぎず、お値段もお手頃というカフェランチ。雨もやみ、全てがジャストで、このあと私たちは気持ち良くお買い物に戻ったのでした。



Helena
Nicaragua 4816(パレルモ・ソーホー地区)
電話:4833-0256
[PR]
by precious31 | 2009-03-08 09:29 | カフェ
<< カップケーキ in ブエノスア... CHOCOTORTAはママの味 >>